離婚した時の保険選び・見直しポイント

受取人の変更を忘れずに行いましょう

 離婚した時には手続きしなければならない事が多いですが、保険の受取人や指定代理請求人が配偶者になっている場合は忘れずに別の家族等に変更しましょう。たとえ離婚して戸籍上は配偶者でなくなっても、保険証書上の受取人が保険金の受取人になります。特に生命保険の保険金はず死亡受取人が配偶者になっていることが多いです。その他の保険でも死亡保障があるので個人年金保険や介護保険などの保険も忘れずに死亡受取人の変更をしましょう。

医療保険は受取人や契約者の見直しをしましょう

 医療保険や生命保険の入院特約などの医療保障も給付金の受取人が医療を受ける人とは限りません。契約者と受取人が同一人物の方が税金の負担が少なくて済むので医療保障も被保険者(医療を受ける人)と受取人が異なることはよくある事です。
  保険で見直しをしなければならないのは男性だけではありません。それまで男性が保険料を負担していた保険で医療保障などは女性が契約者に変更することで継続が可能です。ただし契約者には保険料負担の義務があります。

学資保険の受取人はほとんどが契約者になっています

 学資保険は子どものために掛けているのだから、受取人は子どもになっているという思いがちですが、税金を節約するために受取人は契約者と同じになっている事がほとんどです。子どもを受取人にすると学費を受け取る時に贈与税がかかります。利回りが良い学資保険でも、贈与税分を差し引くと元本割れになってしまいます。子どもの学費は将来どうするか、離婚するときに話し合っておくと、後々トラブルにならずに済みます。

独身に戻る男性の保険の見直し

 男性が離婚後、独身生活に戻る場合は受取人を変更するだけでなく、保障を見直してみましょう。生命保険は万が一の時に、遺された家族の為に加入するものです。独身に戻れば家族への責任もなくなり、過剰な保障を持つことになります。保険料を節約するためにも、その保険は解約するか、減額する等の見直しが必要です。一方、貯蓄性の高い個人年金保険や養老保険などはその性質上、財産分与する対象と言えます。現実には解約して解約返戻金を分け合うことになります。

保険の受取人の他、見直しが必要な離婚

 離婚の時に忘れてはいけないのが受取人の変更ですが、離婚後の生活次第では保険そのものも見直す必要があります。特に死亡保障が手厚く必要だった男性にとって独身に戻った時には逆に過剰な保障になります。すぐに再婚する予定がないなら、保険そのものの見直しが必要になります。
 離婚の時に忘れてはいけないのが受取人の変更ですが、離婚後の生活次第では保険そのものも見直す必要があります。特に死亡保障が手厚く必要だった男性にとって独身に戻った時には逆に過剰な保障になります。すぐに再婚する予定がないなら、保険そのものの見直しが必要になります。