学資保険の基礎知識とメリット・デメリット

学資保険とは

 子供の教育資金を目的に積み立てる保険で、こども保険と呼ばれる場合もあります。契約者を親、被保険者を子供として契約します。契約時に給付金を受け取る年齢を設定し、受け取った給付金を学費などの教育資金に充てます。また子供や親に万が一のことがあった場合に死亡保険金が支払われたり、子供の病気やケガに対して給付金が支払われたりと医療保障を兼ね備えたものもあります。親に万が一のことがあった場合、基本的にはその後の保険料支払いは免除され、商品によっては満期まで育英年金が受け取れるものもあります。

学資保険は必ず必要?

 子供の教育資金は学費だけではありません。制服代や給食費、部活動などの学外活動費、受験費用や一人暮らし費用など様々です。公立に進んだ場合でも、高校以降は学費などにより必要額が急激に増えるため、早くから備えておく必要がありますね。学資保険で教育資金を補うのが一般的になりつつありますが、必ずしも学費保険が必要ということではありません。既にまとまった資金が準備できている場合や、自分で計画的に貯蓄できる場合などには必要ないでしょう。逆にこれから資金を準備する場合や自分で貯蓄していくことが難しい場合、学資保険を活用するのも方法の一つです。では学資保険のメリット・デメリットを見ていきましょう。

学資保険のメリット

 ① 計画的に貯蓄できる
 保険料として一定額を計画的に貯蓄することができます。また預金などと比べ引き出しにくいので、他の目的に使用せず残しておくことができます。
 ②貯蓄性が高い
 学資保険によっては利率が高いものもあり、定期預金より貯蓄性に優れていると言えます。また満期までの継続を前提とすれば他の投資性商品よりリスクが低いのもポイントです。
 ③保障を兼ね備えている
 契約者である親に万が一のことがあった場合、その後の保険料の支払いが免除され、祝い金や満期金は予定どおり受け取ることができたり、満期まで育英年金が支払われる場合があったりします。また被保険者である子どもが病気やケガになった場合、医療保険のように給付金が支払われます。
 ④生命保険料控除の対象
 所得税で最大4万円、住民税で最大2万8千円が課税所得から控除されるため、減税効果が期待できます。

学資保険のデメリット

 ① 元本割れの可能性がある
 早期解約や保障が充実した学資保険を選んだ場合、受取額金額を下回る元本割れが起こる可能性があります。利回りはそれぞれの保険によって異なるため、事前に受取額と払込額の総額を確認することが予防方法です。
 ②資金の流動性がない
 預金のように気軽に引き出すことができず、流動性がありません。そのため教育資金以外で資金が必要になった場合に流用できず、解約すれば元本割れのリスクがあります。契約期間中に自宅の購入など、資金が必要になる可能性がないかどうかをよく検討しておくことが大切です。
 「学資保険」と一口にいっても、貯蓄性を重視したものや保障性を重視したものなど様々です。メリット・デメリットをよく理解して、まず加入の必要があるかどうか、ある場合は何のために備えるのかをしっかり考えましょう。