わたしは入れる?喘息の場合

喘息はなぜ保険に入りにくいの?

 喘息で保険への加入を断られてしまうケースがあります。喘息で通院していると、保険加入時の告知書の「最近3カ月以内に医師の診察・検査・治療・投薬を受けたことがあるか」の項目に該当するからです。また喘息は慢性化したり、重症化すれば入院が必要になったりする場合もあり、治療も多岐に渡ります。そのため保険会社はリスクを踏まえて慎重に取り扱います。しかし保険会社によって取扱い基準は異なるため、1社で断られたから他の会社でも断られるというわけではありません。

正しい告知が大切です

 いかなる場合でも正しく告知することが大切ですが、診断名や症状、服用している薬や期間などの詳細まで伝えるようにしましょう。例えば咳が出ると喘息と思いがちですが、医者の診断名は違っている場合もあります。また「○○症状・状態」と「○○病」では程度が大きく異なります。自己判断せずにまずは正しい病名とその程度を確認する必要があります。服用している薬について、現在のものだけでなく過去服用してきた薬についても伝えるようにしましょう。服用する薬の変化によって、例えば症状が軽度になっていることが分かる場合もあります。審査に必要な情報をできるだけ多く伝えることは、より適切な審査を受けることに繋がります。

喘息でも入れる保険は?

 普通の保険に特別条件を付けものや、引受緩和型保険であれば入れる可能性があります。特別条件には、特定部位不担保と割増保険料があります。特定部位不担保とは特定の部位に生じた疾病やその治療目的での手術や入院について、給付金の支払い対象外とするものです。喘息の場合は、気管、気管支、肺臓、胸膜や胸郭等が対象となる場合が多く、不担保期間は一定期間の場合もあれば一生涯のものもあります。割増保険料とは、通常の保険料に加えてリスク相当の金額を支払うものです。引受緩和型保険とは、保険に加入する際の告知項目を限定することで加入の基準を緩和している保険のことです。持病があっても加入しやすい分、普通の保険よりも保険料は割高になります。

喘息でも入りやすい保険商品

 喘息でも入れる可能性の高い保険として、アクサ生命の「一生保障の医療保険 OKメディカル」、オリックス生命の「医療保険CURE Support」 、メディケア生命の「メディフィットRe」などがあります。どれも引受緩和型保険で限定告知になっています。普通の保険の告知では「最近3カ月以内に医師の診察・検査・治療・投薬を受けたことがあるか」となっていた項目が「最近3カ月以内に入院・手術、検査や先進医療を勧められたことがあるか」になっているため、喘息でも入れる可能性が高くなっています。もし普通の保険を断られた場合、選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょう。
 ※2015年4月時点での商品情報です。詳しくは各保険会社にお問い合わせください。
 最近はリスクが細分化された様々な保険商品があり、持病のある人でも入れる保険が増えてきています。喘息だから入れないと判断せず、様々な保険会社の商品を見てみましょう。正確な告知を心がけ、そのメリット・デメリットや保険会社によって審査基準が異なることをよく理解しておくことも大切ですよ。