保険会社が倒産したらどうなるの?

保険会社が経営破たんした場合

 保険会社が倒産、もしくは他の会社に吸収合併された場合でも、「生命保険契約者保護機構」によって保険契約自体は保護されます。
 具体的に言えば、保護の方法は2パターンあります。
 倒産あるいは合併した会社に対して手を差し伸べる保険会社(救済保険会社)がある場合、その会社に対して資金援助をし、契約を継続できる土台を作ることで保険契約者を間接的に守ってくれます。
 救済保険会社が無い場合、「生命保険契約者保護機構」が引き継ぐか、子会社「承継保険会社」を立ち上げ、彼らが保険契約を引き継ぎます。

契約者にとってのデメリット

 生命保険契約者保護機構によって救済される場合、契約者にとっていくつかマイナス面が出てきます。
 1.責任準備金の削減100%→90%
 責任準備金とは保険会社が、将来の保険金・年金・給付金の支払いを行うために積み立てている財源のこと。こちらが10%を限度として削減されます。
 2.予定利率引き下げの可能性
 契約時の予定利率よりも破たん後、引き下げられる可能性があります。
 3.保険金額の減額
 責任準備金の削減や予定利率の引き下げに付随して発生します。
 4.早期解約控除
 保険契約が移転した後、一定の期間内に解約した場合、解約返戻り金が少なくなります。

つぶれない保険会社はある?ない?

 保険会社が破たんしても、一定の範囲内で契約が保障されることはお分かりいただけたと思います。ただ、契約が当初よりも不利になる可能性はゼロではありません。こういったリスクを避けるためにもっとも良い方法は、保険会社の格付けを把握する=ちょっとやそっとじゃ潰れない会社を絞り、保険商品を選んでいくことです。
 ただ、保険の場合、まずは保障ありきです。会社がつぶれるかどうかはまずおいておかないと、自分の選択肢を狭めてしまいますから。
 契約している保険会社がもし、倒産の憂き目に遭ってもその内容は保障されます。歴史的に見ても、保険会社の破たんによって契約者の支払いや保障が「チャラ」になったことは今まで一度もありません。なので安心して保険選びを進めてください。