保険証券をなくしちゃった!どうしたらいい?

すぐに保険会社に連絡してください

 保険証書をなくしていることに気がついたら、すぐに保険会社に連絡してください。
 ただちに解約になったり契約が無効になることはありません。
 ですが保険の契約を執行して保険金をもらうときに証書が必要になりますので、ただちに保険会社に連絡して再発行を受けてください。
 保険の内容や契約コース、金額、証書の番号などが記載された重要な書類になりますので、手元に持っておくことが重要です。保険会社に連絡して事情を話し、再発行を受けてください。

再発行に必要なもの

 保険証券の再発行には身分証明書が必要です。
 運転免許証や、なければパスポートや健康保険証でも構いません。
 契約者本人であることを証明する書類が必要です。
 ですのでまずは保険会社に連絡し、指示を仰いでください。
 また契約者以外の代理人でも保険証券の再発行を行うことができます。
 その際は契約者の身分証明書に加えて、代理人の身分証明書と、契約者の委任状が必要です。
 また印鑑等も必要になりますので必ず準備してください。
 詳しくは電話等でお問い合わせください。

再発行にかかる時間

 保険証券が手元にないことに気がついたら、できる限り早めに申し出ましょう。
 万が一紛失盗難の際には、トラブルに巻き込まれる可能性があります。
 また保険証券の再発行には1~2週間ほどかかります。
 その分、保険金の振込み等が遅くなることがありますので、ないことに気がついたらすぐに保険会社に連絡してください。保険金が発生したと同時に紛失に気がついた場合、まずは保険証書がないと保険が適用されませんので注意してください。

あとで見つかったら

 以前の保険証書は再発行により無効になります。
 ですので再発行後に保険証書がでてきても、以前の証書は無効になりますのでご注意ください。切り刻んで処分しましょう。
 保険証書には証券番号が記載されており、保険会社とやり取りするときにはその証券番号がわかっているとスムーズです。最初に保険証書が届いたときには、どこか別のところに証券番号をメモしておくことも大切です。
 ですが番号がわからなくても、身分証明書を添付することで再発行できますのでご安心ください。
 保険証書は重要な書類ですので、家庭内で保管する際は厳重に保管してください。
 それでも紛失してしまったり、盗難にあったり、家事で焼けてしまったりすることは起こりえます。そんなときはいち早く保険会社に連絡して再発行を受けてください。