告知義務に違反したらどうなるの?

契約解除で保険料は戻りません

 病気をしていざ保険金を請求しようとしたときに、告知義務違反があったりする場合、保険会社は契約を解除できます。そして保険金は支払われませんし、それまで払った保険料も返ってきません。まったくメリットはなく損するだけですので、いくら入りやすいからといって告知義務に違反するのはやめましょう。結局自分が損をするだけです。
 給付金も支払われません。ただし告知義務違反と関係がない場合のみ解約返戻金だけは返ってくるケースがあります。

詐欺とみなされるケースもあります

 申告すべき病気を申告せずに告知義務違反を犯し保険金を請求しようとした場合、詐欺罪に該当する場合もあります。規約に違反しており立派な詐欺行為ですので法的な処分の対象にもなりえます。犯罪行為に該当しますのでくれぐれも告知義務違反は行わないようにしてください。
 告知義務違反をして保険に加入しても、保険金請求時に審査がありますので以前の病気はわかってしまいます。あくまで加入時に保険会社が調査できないので自己申告する制度です。

持病がある場合は緩和型がおススメ

 持病があっても保険に入りたい場合、嘘をつくのではなく緩和型の保険加入を検討しましょう。緩和型とは持病があっても入れる保険です。持病があっても申告すればいい場合もありますし、無選択型で告知なしに誰でも入れる死亡保険もあります。
 持病がある分、保険料は割高になりますが、それでも告知義務違反をして支払われないどころか保険料も返ってこないよりはいいでしょう。
 調査が入れば健康保険証を使ったすべての病院に聞き込み調査されます。

病院をかえてもばれます

 病気になったときに、保険加入前とはことなった病院にかかれば、診断書で前病院のことが書かれていなければ過去の診察はわからない、そう思う方もいるかもしれません。
 ですが、保険会社は、加入者の健康保険証の履歴を調べることができますので、たとえ診断書でわからなくとも、怪しいと思われれば調査が可能です。
 特に保険加入から2年以内の保険金の申請は厳しく調査されますので、どちらにせよ発覚してしまいます。加入時のハードルは高くても、正しく申告した上で入れる保険を探しましょう。
 加入の告知は正しく行いましょう。加入時に嘘をついても、保険金申請時にばれてしまいます。そうなると告知義務違反で解約され保険料も返ってこないだけでなく、下手すると詐欺罪に相当してしまい、何もいい事はありません。