保険の請求ってどうやるの?

病気や怪我は診断書などが必要です

 病気や怪我による保険金の請求は、診断書が必要になります。
 診断書は自費で準備する必要があります。また診断書は健康保険も適用になりませんのでご注意ください。
 診断書を送付して保険会社で審査が行われ、クリアすれば保険金が振り込まれます。
 病院にかかるとお金が必要になりますので、保険の請求は早めに行ってください。
 3年経つと申請の時効が来てしまうこともあります。
 病気や怪我などの場合はパニックになりがちですが、焦らず保険請求を行ってください。

証券番号が必要です

 保険金の請求には証券番号が必要です。
 ですので保険証書は大切に保管してください。万が一なくした場合は直ちに保険会社に連絡して再発行をしてください。大切なものですのでくれぐれも盗難紛失にはお気をつけください。
 証券番号、診断書、死亡の場合は亡くなられた方の日時や原因なを保険会社に伝える必要があります。すぐには保険金はおりませんので、いち早く行動することが大切です。
 その他の情報は保険会社から訊ねられますので、正確に答えられるように準備しましょう。

代理人でも請求が可能です

 保険加入のご本人様が身動きが取れない場合、代理人の方でも申請が可能です。
 ですが代理人は主に配偶者や直系の血族、同居していたり生計を一にしている三等親以内の親族に限られるケースがほとんどです。
 保険会社は代理人の請求に従って保険金を支払ったことを、被保険者に通知する義務はありません。ですので被保険者が知らない状況で保険金が支払われ、保険が終了になったり金額や保険料などが変わってくる場合があります。
 代理人を指定する際には被保険者の同意が必要です。

契約の内容をよく確認しましょう

 保険請求は病気や怪我があったら行えますが、必ずしも保険金が支払われるとは限りません。保険の範囲外だったり、そもそも持病を申告していなかったりなど、さまざまな免責ケースに該当して保険金が支払われないことがあります。
 契約の際は保険の内容をよく確認してから契約してください。
 また保険加入時には健康診断の告知が必要ですが、虚偽の申告をしないようにしてください。
 虚偽の申告で保険に加入しても、請求時に拒否される場合があります。その場合は結局掛け金が無駄になってしまいます。
 保険金の請求は被保険者側から自主的に行わなければなりません。
 保険会社は事故や病気を把握することができないからです。
 ですので申請しなければ保険金は発生しません。
 ただちに連絡して、必要な書類を準備して保険金を請求してください。