保険と税金の関係は?

確定申告の際に何をする?

 確定申告が必要です。
 保険金を受け取れるほどの状態のときは医療費がかかっていることも多いですから、必ず確定申告しましょう。
 医療費控除の対象は、所得-医療費控除+保険金 で計算されます。
 保険金は控除の対象になる医療費から差し引く必要があります。
 契約者と受取者が同じ場合は所得税、異なる場合は贈与税がかかります。
 贈与税のほうが税率が高いですので、できるならば受取者をみなおしておいたほうが税制面では有利かもしれません。

税金がかからないものもあります。

 税金がかからないものもあります。
 たとえば病気や怪我での入金給付金は非課税です。
 高度障害保険金、特定疾病保障保険金、リビングニーズ特約などの生前給付金も非課税です。
 死亡保険金や年金が課税対象となります。
 受け取るときになってあわてないように、日頃から税金も意識して契約を見直してみてはいかがでしょうか。また確定申告時には税務署の方が詳しく教えてくれますので安心してください。基本的に贈与税のほうが高い税率となります。

控除もありますのでご安心を

 死亡保険金は相続税がかかりますが、控除もありますので安心してください。
 基礎控除で3000万円+600万円×法定相続人の数まで非課税です。
 また死亡保険金は500万×法定相続人の数が非課税となります。
 ですので相当高額な保険金でない限りは、非課税の範囲内になりますのでご安心ください。
 年金の場合は以前は贈与税がかかり年金収入に所得税がかかって2重どりになっていたのですが、改定されて贈与税がかかった分は課税対象にならなくなりました。

年金ならば課税対象になります。

 老後の生活に欠かせない年金。保険で個人年金をかける方も多いです。
 公的年金ならば何かと控除がありますが、保険の年金の場合は課税対象になります。
 雑所得として所得税と住民税がかかります。
 ただし年金の全額にかかるわけではなく、年金額に必要経費が除外されて、残りが雑書得として課税の対象になります。
 保険会社が源泉徴収しますが、確定した税額ではありませんので確定申告をする必要があります。大抵の場合は還付されますのでしっかり確定申告してください。
 保険金は大きな収入となりますが、多くが課税対象です。
 入院怪我の保険金には税金がかかりませんが、死亡保険や個人年金は所得とみなされ課税対象となります。
 保険金収入があった場合は文書をしっかり保管して、確実に確定申告しましょう。