定期型保険と終身型保険の違いって?

保険が一生続くか否か

 定期型と終身型保険の違いは、保険が一生涯続くかどうかです。
 終身型保険は加入者が亡くなるまで有効で、また人は必ず死ぬためいつかは保険金が入ってくることが確定している保険です。
 定期型は一定期間のみを対象としている保険で、その間に亡くなれば保険が入ってきますが、死なずに期間が終わると掛け捨てになります。
 人は必ず死ぬので終身型のほうが有利に思えますが、必ず保険金が入る仕組みのため保険料も割高に設定されています。

定期型のメリット

 定期型保険のメリットは、期間が決まっているため保険料が割安な点です。
 非常に入りやすくて月々の負担も少ないのが魅力です。
 また、ライフステージに合わせて保険を見直すことができます。
 お子さんが小さいときは死亡保障を手厚く、成長とともに少なくしたり、医療保障を厚めにしたりなど、さまざまな見直しができます。
 人生には保険が必要で、最適な保険は家族形態によって変わってきますので、見直しが効く定期型保険は加入がしやすいでしょう。

終身型のメリット

 終身型のメリットは、若いうちに加入した保障が一生涯続く点です。
 年を取ると保険加入が困難になりますが、60歳や70歳になると保険加入事態が困難になります。
 そんなときでもずっと保険が続きますので、病気になりがちな老齢期でも保険の手厚いサポートを受けられることができます。
 加入時にしっかりとプランを選べば途中解約する必要もなく、一生涯に渡って受けられます。
 また人は必ず死ぬのでなくなった後に家族に保険金を残すことができます。

定期型と終身型のどちらを選ぶべきか?

 定期型と終身型、どちらを選ぶべきでしょうか。
 人気なのは終身型です。終身は老後の保険としても活用できるため、保険大国日本では大人気の保険なのです。
 払い込みが60歳で終わるタイプもあれば、生涯保険料がかかるタイプもあります。
 もちろん払い込みが途中で終わるタイプのほうが保険料は高めです。
 ですが家計における負担が大きいため、若いうちは定期型を選ばれる方も多いかもしれません。
 一長一短ですが若いうちに無理してでも終身のほうが老後は楽でしょう。
 トータルで考えると終身型のほうが安心を買うことができるでしょう。途中で病気をしてしまう可能性はゼロではないため、定期型だと年々保険に入るのが困難になりますし、また保険料も上がっていきます。
 終身型は保険料も一定のため、生活設計が立てやすいでしょう。