潜伏期間1~2日!ノロウイルスの症状と予防法

冬に多いノロウイルス感染症とは

 
 潜伏期間は1〜2日で、症状は吐き気、嘔吐、水のような下痢、腹痛など。普通の成人は感染しても軽症ですむが、免疫力の低下した高齢者や乳児が感染すると、死亡することもある。
 
ノロウイルス – goo ヘルスケア

 
 

 乳幼児では、初冬(11〜12月)を中心に急に発生します。成人では、二枚貝などを生か加熱不足で食べた場合にみられます。症状には個人差があります。学校・施設や旅行先などで集団食中毒として発生することがあり、二次感染として発生することもあります。
 
ノロウイルス感染症 – goo ヘルスケア

 
 ノロウイルスは、特に冬に感染が広まりやすいウイルスで、牡蠣などの貝類を十分に加熱しないで食べることによる食中毒が原因となって広まるとされています。感染者の嘔吐物や便などから、人から人へ感染し、学校や老人ホームなどでは、集団感染が起こることもあります。潜伏期間は1~2日で、吐き気や嘔吐、腹痛や下痢などが、ノロウイルスの感染による主な症状です。通常は2~3日で回復しますが、乳児や高齢者では死に至るケースもありますので、注意が必要です。

ノロウイルスの治療と家庭での対処法

 
 健康な人では重症化したり長引くことはまれですので、あわてずにお湯で薄めたスポーツドリンクなどで水分補給をしつつ、安静に努めましょう。ただし抵抗力の低い乳幼児や高齢者は、脱水症状を起こしやすいので注意が必要です。脱水症状が強い場合は、病院を受診するようにしましょう。
 
冬の食中毒、ノロウイルスに注意! – goo ヘルスケア

 
 ノロウイルスに効く薬はなく、対症療法が中心です。医療機関を受診すると、下痢止めは病気の治癒を遅らせるため使われず、生菌製剤が処方されることがあります。ノロウイルスに感染したら、下痢や嘔吐により脱水状態とならないように、積極的な水分補給をし、安静にして過ごしましょう。食事は少量ずつ、消化のよいものを摂るようにします。特に乳児や高齢者が、水分が摂れない場合には、早急に病院を受診しましょう。著しい脱水の場合には、輸液などの処置がとられます。

ノロウイルスの感染を予防するには

 
 家庭内に感染した人が出た場合でも、できればマスクをしてオムツや吐物の処理を行い、処理後は他のものに触れないうちに速やかに手洗いをすることが大切です。次亜塩素酸ソーダ(家庭用の塩素系漂白剤などを規定の濃度に薄めたもの、たとえば0.1%で1000ppm)がノロウイルスに有効なので、それを浸したペーパータオルなどで処理し、廃棄できない衣服などはその溶液に浸しておいてから洗濯するのが望ましいと考えられています。
 
冬場にご用心! ノロウイルスによる食中毒 – goo ヘルスケア

 
 ノロウイルスの感染を防ぐために大切なのは、手洗いです。帰宅時やトイレに行った後、調理前には、石鹸を用いて流水で、しっかりと手を洗うようにしましょう。加熱が必要な食品は、中心部まで加熱するようにします。特にかきなどの二枚貝は、中心部を85℃~90℃で90秒以上の加感することが理想的です。感染者が家庭内で出た場合には、マスクをして、使い捨てのビニール手袋やペーパータオルを用いて吐しゃ物を片づけ、ゴミ袋の中の廃棄物に、家庭用の漂白剤を薄めてかけておきます。汚れた衣類は他の洗濯物と区別し、漂白剤を薄めた液に浸してから洗濯しましょう。

 ノロウイルスに感染しないように、毎日の手洗いを忘れないよう、心掛けることが大切です。家庭内でノロウイルスの感染者が出た際には、患者へ水分補給を行うとともに、適切な対処をすることによって、二次感染を防ぎましょう。