敗血症の原因と症状、治療法を知っておこう

全身の臓器が急激に炎症を起こす敗血症とは

 敗血症は、全身の臓器に炎症がおこる「全身性炎症症候群」を引き起こす重篤な疾患です。敗血症は、急速に症状がすすむ特長があり、時間単位で重篤化してしまう場合あります。敗血症に感染した患者のうち3人に1人は死に至ると恐れられているのです。
 
 
 敗血症とは、肺炎や腎盂腎炎(じんうじんえん)など生体のある部分で感染症を起こしている場所から血液中に病原体が入り込み、重篤な全身症状を引き起こす症候群です。
 背景として悪性腫瘍、血液疾患、糖尿病、肝・腎疾患、膠原病(こうげんびょう)といった基礎疾患がある場合、あるいは未熟児、高齢者、手術後といった状態である場合が多いとされています。
 
敗血症<感染症> – goo ヘルスケア

 
 風邪や下痢などの感染症から、血液中に病原体が入りこむことで発症する敗血症。血液中に入り込んだ病原体は、あっという間に全身の臓器に広がり炎症をおこします。

敗血症の症状の特長を理解しておく

 敗血症は、感染すると急速に症状が悪化します。敗血症の症状を理解しておくことで、早期の治療が行えます。時間単位で命の危険を伴う敗血症…。風邪や下痢などの症状が悪化し、様子がおかしいと思ったら敗血症を疑ってください。
 
 
 原発の感染病巣の症状に加え、病原体の全身的な侵入に対し、生体の反応として、(1)発熱(38℃を超える)あるいは低体温(36℃未満)、(2)頻脈(ひんみゃく)(90回分以上)、(3)多呼吸(20回分以上)、(4)白血球数増多(12000μl以上)あるいは減少(4000μl未満)がみられ、このうちの2つ以上を満たす場合が全身性炎症反応症候群と定義されています。
 
敗血症<子どもの病気> – goo ヘルスケア

 
 敗血症の症状は、全身状態が急速に悪化する特長があります。高熱が続く、意識が朦朧とするなどの症状が見られたら、早急に専門医の診断を仰ぐことが必要です。

敗血症を防ぐには免疫力の低下に要注意!

 敗血症の原因となる病原体は、風邪や下痢などの感染症や肺炎や腹膜炎が考えられます。他にも、傷口から侵入した病原体から発症する場合も。しかし、敗血症は、誰でも感染する病気ではありません。免疫力が極端に低下していたり、幼い子どもやお年寄りなど体力が十分でない年齢の場合は感染のリスクが高まるようです。
 
 
 原因菌は感染巣の部位により異なっていますが、臨床的には同じような経過をたどります。高齢者では、菌の侵入は、尿路感染症に由来するものが約30%と最も高頻度で、そのほか、中心静脈栄養(IVH)のための静脈内留置カテーテル、胆道感染症、呼吸器感染症、褥瘡(じょくそう)感染症などに由来するものが多くみられます。
 
敗血症<お年寄りの病気> – goo ヘルスケア

 
 敗血症性ショックを起こすと、患者の25%は死に至るとのこと。特に、子どもやお年寄りの場合は、注意が必要です。

早急な対応が必須!敗血症の治療方法

 敗血症は、発症して時間を追うごとに急速に重篤化をしていきます。敗血症の症状が見られたら、早急な治療が必要となるのです。一刻も早い抗菌薬の投与が求められます。
 
 
 敗血症では適切な抗菌薬を1時間以内に投与することを推奨している。これは1時間投与が遅れると7.6%ずつ予後が悪化するとされているからである。
 
敗血症とは – goo Wikipedia (ウィキペディア)

 
 

 強力な抗菌薬投与とともに、さまざまな支持療法が不可欠です。昇圧剤、補液、酸素投与などのほか、呼吸不全・肝不全・腎不全に対しては人工呼吸管理、持続的血液濾過透析(ろかとうせき)や血漿(けっしょう)交換などが必要になる場合もあります。
 DICを併発した場合には、蛋白分解酵素阻害薬やヘパリンを使用します。短期間の副腎皮質ホルモン薬が併用されることもあります。
 近年ではグラム陰性桿菌(かんきん)による敗血症において重要な役割を担うエンドトキシン(細菌毒)を吸着する方法など、新しい治療法が試みられています。
 
敗血症<感染症> 治療方法 – goo ヘルスケア

 
 敗血症の治療方法は、医療現場において日々進歩しているようです。何よりも大切なのは、早期診断と早期治療を行うことと言えそうです。

 敗血症は、重篤化をすると死に至る恐ろしい病気です。致死率は高く、早期の治療が求められます。敗血症の症状や原因を理解しておくことが大切です。ただの風邪だと油断していると手遅れになる場合も。敗血症の症状が見られたら、迷うことなく専門医の診断を受けましょう。