意外と身近なてんかん(癲癇)とはどんな病気

てんかん(癲癇)てどんな病気

 てんかんとは、突然意識を失い痙攣を引き起こす怖い病気であると誤解されることの多いてんかん(癲癇)ですが、その症状や程度は人によりさまざまで、必ずしも痙攣や意識消失を伴うわけではありません。
 
 
 現在、広く用いられているてんかん発作の分類(国際分類)によれば、脳の一部から発作が始まる部分発作(ぶぶんほっさ)と、最初から脳全体に発作が広がる全般発作(ぜんぱんほっさ)に分けられており、両者がさらに細かく分類されています。
 
てんかんの症状・解説 – goo辞書

 
 全般発作は、意識の消失を伴いますが、痙攣やチアノーゼの症状を引き起こす強直間代発作から、周囲の人には気づかれない程度の瞬間的な意識消失を起こす欠神発作など、その程度には幅があります。また、部分発作は、発作を起こした脳の部位に応じて、頭痛や腹痛を伴う自律神経発作、発作性の恐怖感や既視感などを伴う精神性発作、幻覚、幻聴、しびれ感などの感覚系の異常を示す感覚発作など様々な症状の発作がみられます。

てんかん(癲癇)は意外に身近な病気

 失神するような発作を目にすることは非常に稀なため、てんかん(癲癇)はあまり身近に感じられない人も多いでしょう。しかし、実は、てんかん(癲癇)はそれほど珍しい病気ではないのです。
 
 
 人口1000人に対し5〜8人の患者さんがいるとみられ、神経疾患のなかでも頻度の高い病気である。
 
てんかん – goo ヘルスケア

 
 てんかん(癲癇)は、小児期に発生しやすいものの、小児期に限らず、青年期以降の成人でも発症する可能性があります。小児期と並んで高齢期も発症の頻度が高く、脳への外傷のほか、血管障害や脳腫瘍などが原因で起こることもあるため、誰がいつ発症してもおかしくない病気なのです。

2種類に大別できるてんかんの原因

 てんかん(癲癇)の発作は、何らかの原因により、脳の神経に過剰な電流が流れ、運動機能、意識、行動、感覚機能などに異常をきたすことで起こります。その異常は、一時的なもので、発作の時以外は全く異常が見られません。
 
 
 さらにそれぞれのてんかんは、その原因のあるなしで、原因のある“症候性てんかん”と原因が特定できない“特発性(とくはつせい)てんかん”に分けられます。
 
てんかん<脳・神経・筋の病気> – goo ヘルスケア

 
 症候性てんかん(癲癇)の原因としては、乳幼児期の脳炎や髄膜炎、交通事故などによる頭部の外傷、脳梗塞などの脳血管障害など、さまざまです。また、糖尿病などによる代謝異常が原因で起こる脳症が、てんかん(癲癇)の原因となる場合もあります。一方、特発性てんかん(癲癇)は、主に遺伝的な要因が原因であると考えられており、MRIなどでも脳内の異常は検出されず、その原因を特定することができません。

てんかんの診断と治療方法

 てんかん(癲癇)の診断の際は、脳波やMRIなどによる脳の画像診断の他、発作の症状を合わせて判断します。特に、てんかん(癲癇)特有の脳波が、診断の決め手となるため、脳波の検査は欠かすことができません。抗てんかん薬を用いた、薬物療法が治療の中心となります。
 
 
 非常に大雑把には、部分てんかんに関してはカルバマゼピン(テグレトール)、全般てんかんにはバルプロ酸(デパケン)が第一選択薬になります。その次にどうするかは、専門医と相談しながら考えていく必要があります。
 
てんかん<こころの病気> 治療方法 – goo ヘルスケア

 
 現在では、適切な薬物を用いた場合、7割近くが発作を抑えることができます。長期間の服用が必要な場合が多いですが、症状によっては医師と相談しながら、薬物の服用を減らしていくことも可能です。

 てんかん(癲癇)は完治できない怖い病気と思っている人もいるかもしれませんが、適切な薬物を利用することで、問題なく日常生活を送っている人も多くいます。てんかん(癲癇)が疑われる場合は、早期に適切な治療を開始することが最も重要です。