40才になったら定期健診を!緑内障に注意

緑内障ってどんな病気?

 
 ヒトがものを見ることができるのは、角膜・水晶体を通って網膜上で結んだ像の情報が眼球から脳に向かって延びている「視神経(ししんけい)」に入り、脳に色や形の情報を送るからです。伝わった情報が脳で画像として組み立てられて、私たちは見えたものを認識するのです。
 緑内障では、その情報の橋渡しをしている視神経に異常が起こり、眼からの情報を正確に伝えられず、脳で画像をうまく組み立てることができなくなります。その結果、視力や視野(見える範囲)に障害を起こしてしまいます。
 
緑内障(あおそこひ) – goo ヘルスケア

 

 「リョクナイショウ」などと言われてもあまりなじみがないかもしれませんが、40歳以上の日本人のおよそ20人に1人がかかっているといわれる眼の病気なのです。眼球内の圧力(眼圧)が高くなり、眼球の後ろのほうにある視神経が圧迫されて障害を受け、物の見える範囲(視野)が少しずつ狭くなっていく病気です。放っておくと失明する恐れが高く、日本では成人後の失明原因の第1位になっています。
 
その見えづらさ、もしかしたら緑内障? – goo ヘルスケア

 緑内障は、主に眼球内の圧力である眼圧が高くなることで、視神経が慢性的に圧迫され、眼の機能に異常をきたす病気です。視野が徐々に狭くなっていき、一度失った視野を回復するのは難しいといわれています。適切な治療を受けずに重症化すると、失明の恐れさえあるのです。緑内障は珍しい病気ではなく、特に40才以上では5%程度がかかっているといわれています。しかし、実際に受診する人は患者の20%にとどまっていると推測されています。

自覚症状はない!?緑内障はどんな症状?

 
 緑内障は徐々に視野が欠けますが、ふだんは両目でカバーし合うので気づきにくいのです。したがって、視野の欠けたことに不自由さを感じるようになったら、症状はかなり進行していると考えられます。また、何らかの自覚症状があったとする人では、「物が見えづらい、かすむ」「目が痛い、目が張る」などがあったそうです。
その見えづらさ、もしかしたら緑内障? – goo ヘルスケア

 

 緑内障の一種である慢性閉塞隅角(まんせいへいそくぐうかく)緑内障の場合は、時々、霧がかかったように見えたりして眼精疲労と感じることがあります。
 
眼精疲労 – goo ヘルスケア

 緑内障は視野が狭まっていく病気ですが、人間の目は左右で視野を補い合うため、緑内障にかかっていても、視野が狭くなり始めていることに、気づかないケースが多くあります。視野の欠損部分は黒く見えることは少なく、ぼんやりとかすむようなイメージです。新聞を読んでいて文字の一部が欠けて見えたりするなど、視野の異常が気になったときには、多くのケースで既に症状が進んでしまっています。自覚症状のあった人でも、物が見えづらく、目が痛いという症状から判断し、眼精疲労と勘違いして放置してしまい、治療が遅れることもあります。また市販の目薬には眼圧を上げる副作用を持つものがあり、知らずに使ってしまう危険性もあります。

緑内障の治療方法とは?

 
 眼圧検査、眼底検査、視野検査などで緑内障を診断することができます。眼圧を下げることで、視野障害の進行をとめられます。数種類の眼圧下降薬を点眼するのが一般的です。
 正常眼圧緑内障の場合は、乳頭の循環障害に対し、循環改善薬が用いられることもあります。緑内障発作(急性閉塞隅角緑内障)の場合には、レーザー光線による虹彩(こうさい)切開術や白内障手術を行います。
 眼圧が十分に下がらない場合には濾過(ろか)手術を行います。
 
視覚障害(緑内障) – goo ヘルスケア

 

 緑内障の治療は病状に合わせて選択されます。大多数を占める慢性緑内障で視野異常が進行していない場合は、まず薬物による治療(主に点眼薬)から始めます。大きく分けて5種類の緑内障治療薬があり、緑内障のタイプ、眼圧の高さ、視野異常の進行度などに合わせて処方されます。
 薬物では眼圧が十分に低下しない場合、視野異常の進行が止まらない場合はレーザー治療や手術治療が行われます。
 
緑内障(あおそこひ) – goo ヘルスケア

 

 正常眼圧緑内障の場合は、乳頭の循環障害に対し、循環改善薬が用いられることもあります。緑内障発作(急性閉塞隅角緑内障)の場合には、レーザー光線による虹彩(こうさい)切開術や白内障手術を行います。
 
視覚障害(緑内障) – goo ヘルスケア

 緑内障は、眼圧検査や眼底検査、視野検査の結果を踏まえて診断されます。視野は元には戻らないため、眼圧を下げて、視野障害の進行を止めていくのが一般的な治療方法です。点眼薬によって、眼圧を下げる方法がとられ、眼圧が高くないケースでも、眼圧を下げることで、視野狭窄の進行が止まることもあります。点眼では、眼圧の下降が十分ではない場合や視野狭窄の進行を抑えられない場合には、外科的治療が検討されます。レーザー療法は、レーザーを房水が排出される線維柱帯へ照射することで、房水の流出を促す方法です。手術では、線維柱帯切除術が用いられ、房水の逃げ道を作るため、線維柱帯の一部を除去します。

 緑内障は、40才になったら、眼科で定期的に検査を受けることで、自覚症状のないうちに気づくことができます。点眼や手術によって改善が図られた場合も、定期的に検査を受け、視野や眼圧に異常がないかチェックしましょう。