つらい寝違えに効果的な方法とは

なぜ寝違えが起こるのか

 寝起きのつらい痛み。できれば寝違えたくないですよね。そもそもなぜ寝違えが起こってしまうのでしょうか。
 
 
 不自然な姿勢で眠り続けた時に起こります。通常は頸部に痛みが生じたり、違和感を覚えた場合には、眼がさめたり、無意識のうちに首の姿勢を変えますが、疲労や睡眠不足あるいは泥酔状態で眠ってしまうと、これらの反応がなくなり、不自然な姿勢で寝続けてしまうことがあります。
 
寝違え – goo ヘルスケア

 
 多くの場合は、睡眠中の姿勢が原因になっています。泥酔してそのまま寝てしまうのは避けたいですね。
 
 

 一般的に痛みは短期間で消えていきます。原因が、頸椎の関節や筋肉・靭帯である場合、頸部の緊張を解くことが大切となります。
 
寝違え 治療方法 – goo ヘルスケア

 
 原因が首筋などの筋肉などである場合、患部を冷やしそっとしておくことが大切です。リラックスした状態で行いましょう。

寝違えの原因が脇のことも

 患部を冷やしたりしてもなかなか寝違えが治らない場合は、原因が首筋や肩でない場合があります。意外にも、脇にある腋窩神経が圧迫されたことが原因になっている場合もあるのです。なぜ脇の神経が原因で首などが痛くなるのでしょうか。理由は、腋窩神経が首の筋肉に繋がっているからです。筋肉の緊張をほぐすために、腕を大きく回すなどして血行を促進するようにしましょう。腋窩神経が原因の場合、徐々に緊張がほぐれ、首や肩の痛みも引いてきます。

普段の冷え性に気をつけて

 脇の神経だけではありません。冷え性が原因で起きることもあります。あなたの生活がどれだけ冷え性に繋がっているかチェックしてみましょう。
 
 
 <冷え症を招く生活習慣、ライフスタイル>
 ・朝食は食べない
 ・ほとんど運動しない
 ・冷たいものをよく食べたり飲んだりする
 ・体重を気にしてあまり食べない
 ・冬でも薄着が好き
 ・夏は肌を露出する服を着ている
 ・ストレスが多い
 ・いつも冷暖房が効いた部屋にいる
 ・入浴は湯船につからず、シャワーで済ませる など
 
今年こそ、冷え症を解消したい! – goo ヘルスケア

 
 いくつ該当しましたか?該当した項目が高いほど冷え性の可能性があります。それでは、なぜ冷え性が寝違えに繋がっているかということですが、冷え性の血行不良が原因です。血行が悪いと筋肉が硬直しやすくなります。日々の生活習慣の改善が大切ですね。

寝違えを予防するには

 寝違えの予防は、冷え性の改善や泥酔したまま寝ないこと以外にもいくつかあります。
 
 1.つぼ押しで予防する
 
 
 寝違えた方に圧痛があることがよくあるようですが、特に圧痛があるほうを
 重点的にやってみてください。
 寝違えは癖にもなりやすく、これは首や肩に冷えや緊張などの異常が生じているからだそうです。
 このツボを刺激することによって首の異常が改善されて予防にもなります。
 
寝違えた! – ヘルスケア(健康管理) | 教えて!goo

 
 痛みがあるときにも効果的ですが、寝る前に行うことで寝違えを予防することができます。
 
 2.首毛布で痛みを軽減
 首毛布は首周りに毛布を巻く方法です。冷え性対策にもなりますし、寝ている間、首への負担を減らすことができます。

 寝違えたからと諦めず、一日中痛みに耐える生活とはおさらばしましょう。原因によって対処法は異なりますが、いくつか試していく中で自分にあった対処法が見つかるはずです。また、痛みに耐える前に、しっかり予防策を張ることで寝違えは防ぐことができます。是非試してみてください。