七転八倒の激痛に襲われる尿管結石を知ろう

尿管結石(尿路結石)とはどんな病気

 「尿管結石」は尿路結石の一種です。腎臓・尿路(尿の通り道)で尿中の成分が結晶化したものを尿路結石といいます。尿管結石は尿管にできた結石のことで、腎臓結石・膀胱結石・尿道結石などの尿路結石があります。
 
 
 カルシウムを含むカルシウム結石がほとんどを占め、食生活や大量飲酒などが原因と指摘されている。
 
尿路結石 – goo ヘルスケア

 
 食品からシュウ酸を過剰摂取すると、尿中のカルシウムが結晶化しやすくなります。また大量飲酒で、結石の材料になる尿酸が増えてしまうこともあるのです。

痛みの強さは?ほかに症状はある

 
 腎盂・腎杯で形成された結石が尿管に下降し、尿の通過障害を来した場合、疝痛(せんつう)発作といわれる七転八倒するほどの激しい痛みや血尿が起こりますが、これが尿路結石の典型的症状です。
 
尿路結石 – goo ヘルスケア

 
 

 激しい腰背部痛・側腹部痛・下腹部痛のほかに、吐き気や嘔吐を伴うこともあります。しかし、結石が腎盂や腎杯にある場合には軽い鈍痛程度です。
 
尿路結石 – goo ヘルスケア

 
 結石が狭い尿路に引っかかったり動いたりして尿路を刺激するために、激痛や血尿が起こります。ただし結石の大きさやできる場所によっては、強い痛みが起こらない場合もあるのです。

もし尿路結石が発症したら

 尿路結石と思われる痛みが起きたら、すぐ泌尿器科をすぐ受診しましょう。症状によって適した治療法が選択されます。
 
 
 結石の治療は、(1)鎮痛などの対症療法、(2)自然排石を促す待機療法、(3)尿酸結石やシスチン結石に対する溶解療法、(4)外科的治療法に分けられます。結石の形態にもよりますが、約8mm以下、とくに5mm以下の結石は自然排石が可能といわれています。
 
尿路結石 治療方法 – goo ヘルスケア

 
 外科的治療法で主に用いられている「体外衝撃波砕石術」は、体の上から結石に衝撃波を当てて結石を砕く手術で、体に跡が残りません。

尿路結石を予防するには

 
 ●1日2リットルの水を飲む
 水分の種類は、水や麦茶、ほうじ茶などがおすすめ。シュウ酸を多く含む緑茶や紅茶、糖分の多い清涼飲料水は控え目に。
 ●肉を減らし、魚を増やす
 肉類をとりすぎると、脂肪酸が結石の原因になるだけでなく、たんぱく質も尿酸や尿中のカルシウムを増やし石ができやすくなる。
 ●主食のドカ食い、夜食の習慣はやめる
 ご飯などの主食や、その他の糖質の食べすぎ、特に短時間の大食いは血中のインスリン濃度を高めて尿中へのカルシウム排出を促進、石をつくりやすくする。
 ●カルシウム、クエン酸を含んだ食品をたっぷりとる
 クエン酸はレモンやミカンなどのかんきつ類に多く、尿中でカルシウムと結合して排泄されやすく、結石を防ぐ。梅干しにも多いが、塩分に注意。
 ●飲みすぎは要注意
 以前はビールをたくさん飲んで石を流すと言われたが、アルコールはシュウ酸も含むうえ、飲みすぎると脱水を招きやすく、尿が濃くなってかえって危険。
 
若い女性にも増えている尿路結石 – goo ヘルスケア

 
 できれば一生なりたくない尿路結石。日常の食生活に上記の対策法を取り入れ、しっかり予防していきましょう。

 主に食生活が原因で起こる尿路結石は、規則正しい食生活を心がけることで予防することができます。また、結石ができても小さいうちなら激痛を起こすこともなく治しやすいので、気になる症状があったら早目に受診しておくこともおすすめします。