放置すると癌になることもある逆流性食道炎

逆流性食道炎とは

 
 逆流性食道炎はもともと欧米人に多くみられ、日本では主に高齢者にみられる病気でしたが、食生活の欧米化や夜型の生活パターンによって、最近は若い人にも増えています。
 
たびたび起こる胸やけ、逆流性食道炎かも – goo ヘルスケア

 
 特に食べ過ぎたり飲み過ぎたわけでもないのに、食事をとった後に胸やけの症状がたびたびおこる場合、それは逆流性食道炎かもしれません。胸やけとは字の通り胸が焼けるような不快な症状で、胃液が食道に逆流することが原因です。たびたび胃液が逆流すると食道の粘膜に炎症が起こって、ただれたり潰瘍ができ、これが更に進むと食道がんになる恐れもあると言われています。しかし近年、炎症を起こさないタイプのものがあることがわかり、これらを総括して胃食道逆流症と呼ばれるようになっています。

逆流性食道炎の原因と症状

 
 主な症状は胸やけです。そのほか、胸痛、つかえ感などがあります。時には食物がのどまで逆流して眠れないと訴えたり、のどの痛みや慢性の咳嗽性(がいそうせい)疾患が現れることもあります。
 
胃食道逆流症(GERD) – goo ヘルスケア

 
 

 表 1 こんな症状がよくあれば胃食道逆流症かも
 ・胸が焼けるように熱い
 ・げっぷがよく出る
 ・酸っぱいもの、苦いものがこみ上げてくる
 ・胸がつかえる感じがする
 ・横になるとせき込みやすい
 
胃液が逆流して胸焼けを起こす胃食道逆流症 – goo ヘルスケア

 
 胃液が逆流する原因にはいくつかのことが考えられ、胃と食道を分けている下部食道括約の緩み、脂肪分の多い食事による胃酸過多、食道の収縮機能の衰え、肥満や腹部の締めつけ、加齢などがあります。下部食道括約筋は加齢や肥満によって緩みやすくなり、食べ過ぎや早食いでげっぷが出やすくなると胃液も逆流しやすくなります。欧米化した食生活によって胃酸の分泌が増えることも原因です。炎症を起こさないタイプではストレスが原因になっているものも目立ち、若い人でも逆流性食道炎になる人が増えています。主な症状は、たびたび起こる胸やけやげっぷ、酸っぱいものがこみ上げるなどです。

逆流性食道炎の対策

 
 治療の基本は薬物療法だが、食事など生活上の注意を守ることでも症状を抑えることができる。
 
胃食道逆流症 – goo ヘルスケア

 
 

 (1) なにより食べすぎない
 (2) 脂っこいものを控える
 (3) アルコール、コーヒー、香辛料などの刺激物を控える
 (4) たばこは胃酸の分泌を増やすのでやめる
 (5) 肥満は腹圧を上げるので減量する
 (6) ベルトなどでおなかを締めつける服装はしない
 (7) 食後2時間くらいは横にならない
 (8) 姿勢を正す。猫背やデスクワーク時の前かがみの姿勢も腹圧を上げる
 (9) 症状が強い場合、夜寝るときは上体を高くする
 
たびたび起こる胸やけ、逆流性食道炎かも – goo ヘルスケア

 
 逆流性食道炎を放置していると、やがて食道がんになる可能性が高まると言われています。薬や食生活などの生活習慣を見直すことで治療できますが、まれに手術が必要になることもあります。もし逆流性食道炎の症状に心当たりがあれば早めに消化器科や胃腸科のある医療機関や内科の医師の診察を受けましょう。逆流性食道炎と診察された場合は、生活習慣の見直しが大切です。ちょっとした心掛けでできることばかりなので、日ごろから注意して過ごしましょう。

 逆流性食道炎を予防するにはちょっとした生活習慣の改善が大切です。食事内容や食べ過ぎ、普段の姿勢などに注意してセルフケアしてみましょう。そして、胸やけなどの辛い症状が続く場合は他の病気の可能性も含めて医療機関を受診し、きちんと治療しましょう。