現代人に増えている脂肪肝の危険性

脂肪肝が現代人に増えている

 メタボリックシンドロームという言葉を耳にしたことも多いかと思います。メタボリックシンドロームだけでなく、脂肪肝も現代人に増えている病気です。脂肪肝とはどのようなものなのでしょう。
 

 肝臓に、中性脂肪(ちゅうせいしぼう)(トリグリセリド)が蓄積した状態です。
 
脂肪肝 – goo ヘルスケア

 簡単に言うと肝臓に脂肪が蓄積することを脂肪肝と言います。脂肪肝になってしまっても自覚症状がないため、自分で判断することが難しい場合があります。

アルコールの過剰摂取でも起こる

 脂肪肝はアルコールの過剰摂取でも引き起こります。

 アルコールの過剰摂取で最初に生じるのはアルコール性脂肪肝です。それでもなお大量飲酒を続けると、約2割の人にアルコール性肝障害が起こります。
 
アルコール性肝障害 – goo ヘルスケア

 
 
 アルコールが原因の脂肪肝をアルコール性脂肪肝と言います。アルコールの過剰摂取が牽引です。日本酒であれば日本酒5合ほどを1ヶ月ほど摂取していると、死亡官になる可能性があります。お酒の飲みすぎには注意したいですね。

非アルコール性脂肪肝の恐怖

 アルコールを飲まなくても、脂肪肝になる可能性があります。非アルコール性脂肪肝です。
 
 
 お酒の飲みすぎが原因のアルコール性脂肪肝と、お酒を飲まない人に起こる非アルコール性脂肪肝に大別される。後者は肥満や食べすぎ、糖尿病などが原因となり、最近増えている。そのうち慢性的な炎症を伴う非アルコール性脂肪肝炎(NASH)は、肝硬変や肝臓がんへと移行することもある。
 
脂肪肝 – goo ヘルスケア

 
 非アルコール性脂肪肝は、食べすぎなど乱れた食生活によってできあがってしまったものです。放置してしまうと、やがて肝硬変などの重い病気に繋がってしまいます。

脂肪肝を改善するには

 脂肪肝を改善するには、どのような方法があるのでしょうか。
 
 
 肥満、糖尿病、栄養過多が原因であれば、減量を行ないます。
 アルコールが原因であれば、禁酒を厳守し、薬剤が原因の場合は、薬剤の使用を中止します。
 
脂肪肝の症状・解説 – goo辞書

 
 アルコールのを控えた、正しい食生活が大切だということですね。また日本では、健康診断で肝機能の値を知ることができます。「y-GTP」はアルコールの過剰摂取で上昇するので、自分の健康状態を知る指標の一つにすることができますね。

 食生活が乱れたり、アルコールを飲みすぎる生活を送っていると脂肪肝を患っている可能性も考えられます。脂肪肝は自覚症状がほとんどないため、自分では気づきにくい病気です。普段から予防のため規則正しい生活を送ることが大切ですね。