「チョコレートのう腫」について知っておこう

チョコレートのう腫とは

 
 子宮内膜症性卵巣嚢胞(しきゅうないまくしょうせいらんそうのうほう)ともいいます。子宮内膜症は、本来子宮の内面をおおっている子宮内膜と同様の組織が、子宮の内面以外の部位にできる病気です。子宮内膜症は骨盤内にできることが多く、腹膜、卵巣に病巣を形成することがよくあります。ほかに、膀胱、直腸などの腸管、肺、皮膚にもできることがあります。
 
チョコレート嚢胞 – goo ヘルスケア

 
 

 不潔な性行為や性感染症の患者さんとの性行為などで起こりやすく、子宮内操作を伴う医療行為、子宮避妊リング、卵巣チョコレート嚢胞(のうほう)、悪性の子宮腫瘍なども誘因になりえます。
 
子宮付属器炎 – goo ヘルスケア

 
 チョコレートのう腫は、子宮内膜症性卵巣嚢胞という病気です。子宮内膜症は、子宮内膜を覆う組織が子宮外にまで膨らみ、子宮外にもできる病気で、進行すると卵巣内にのう腫を形成します。のう腫の内部には、古い月経血が溜まっており、チョコレートのように見えるため、チョコレートのう腫と呼ばれています。20代~30代の前半の若い世代で発症することが多く、重度になるほど不妊症の原因ともなる疾患です。チョコレートのう腫は、子宮付属器炎を引き起こす誘因になることもあります。

こんな症状はチョコレートのう腫かも

 
 症状としては月経痛、慢性骨盤痛、性交痛などの疼痛があるほか、不妊症の原因にもなります。まれですが、破裂した場合は激痛を伴います。
 
チョコレート嚢胞 – goo ヘルスケア

 
 

 今日、病院でチョコレート嚢腫と診断されました。右下腹部の痛みがあり、検査をしました。
 
チョコレート嚢腫と診断 – 病気 | 教えて!goo

 
 子宮内膜症は症状として激しい生理痛が挙げられますが、チョコレートのう腫も同様です。チョコレートのう腫によって引き起こされる主な症状は、日常生活にも支障をきたすほどの痛みです。月経痛は起きていられないほどの痛みとなることがあり、年々痛みが増していきます。腹痛や骨盤痛もが起こることが多く、性交痛や排便痛をきたすこともあります。のう腫が周囲と癒着している状態になるほど、痛みが強くなる傾向です。チョコレートのう腫が破裂した際には、激痛が生じます。

チョコレートのう腫の治療法

 
 手術療法または薬物療法を行います。小さなものに対しては、低用量ピル、ダナゾール(ボンゾール)、GnRHアナログ、ジエノゲスト(ディナゲスト)といったホルモン療法だけで有効なこともありますが、一定の大きさ(直径5cm程度)以上のものでは手術療法が必要です。薬物療法は薬によって特有の副作用を伴うことが多いので、使用前に十分に副作用の説明を受けておくことが大切です。
 手術療法には、開腹手術と腹腔鏡手術(おなかに小さな孔(あな)をあけて内視鏡を使って行う)があります。いずれの手術においても卵巣ごと摘出する全摘術と、嚢胞だけを摘出して卵巣実質を残す核出術(かくしゅつじゅつ)があります。
 
チョコレート嚢胞 – goo ヘルスケア

 
 

 近年、卵巣がんの一部が前述した子宮内膜症性卵巣嚢腫を母地に発生する可能性が示されてきています。このため、年齢が40歳以上の患者さんに認められる直径4cm以上の子宮内膜症性卵巣嚢腫は積極的に手術をすすめるようになってきています。
 
卵巣腫瘍 – goo ヘルスケア

 
 のう腫が小さく、自覚症状が見られない場合には、経過観察となります。チョコレートのう腫の治療は、薬物療法では、妊娠を望まないときには低用量ピル等を用いて、ホルモンの分泌量を抑えて、のう腫の成長を抑制します。根本的な治療にはなりませんので、定期的なのう腫の大きさのチェックが必要です。のう腫が5cm以上となったときには、手術が検討され、40才以上の女性の場合には、卵巣がんを併発するリスクが高まることから、4cmほどから手術が行うケースが増えています。手術には、開腹手術と腹腔鏡手術があり、卵巣を摘出するか、のう腫だけを切除します。

 チョコレートのう腫は不妊の原因になりやすく、のう腫が大きくなると、破裂する危険や卵巣がんを併発することのある病気です。生理痛がひどくなったなどの気になる症状が現れたときには、婦人科医を受診しましょう。