女性がなりやすい!膀胱炎と腎盂腎炎とは?

そもそも膀胱炎ってどんな病気?

 膀胱炎とは尿道から細菌が侵入し膀胱が炎症を起こす病気です。
 
 主に大腸からの細菌が膀胱内に侵入し、増殖して炎症を起こす細菌感染症です。
 急性膀胱炎は、10代後半から20〜30代の女性に多く発症します。女性は外尿道口が腟の付近に開口して汚染されやすいうえに、尿道が男性と比較して短いため細菌が膀胱内に侵入しやすく、全体として女性の頻度が高くなります。
 
膀胱炎 – goo ヘルスケア

 女性は男性に比べ、尿道と肛門や膣が近く大腸菌が尿道に侵入しやすい体の構造になっているため、膀胱炎は女性の方がかかりやすい病気です。
 

 誘因としては、長時間トイレをがまんする、性行為、過労などによる抵抗力の低下、ストレスなどがあげられます。
 
急性膀胱炎 – goo ヘルスケア

 

 尿の流れが悪くなったり、感染が持続したりするような状態、たとえば前立腺肥大症(ぜんりつせんひだいしょう)、前立腺がん、膀胱結石(ぼうこうけっせき)、膀胱腫瘍、尿道の狭窄(きょうさく)、神経因性膀胱(しんけいいんせいぼうこう)、膀胱異物、尿道カテーテル留置などがある場合にはとくに起こりやすくなります。
 
慢性膀胱炎 – goo ヘルスケア

 急性膀胱炎は、長時間トイレを我慢することやストレスなど日常生活で十分に起こりうることが原因となることが多く、慢性膀胱炎は前立腺肥大症などの病気が原因となって発症することもあります。尿をする際に強い痛みが伴ったり、残尿感などが残ることが膀胱炎の症状で、膀胱炎で高熱が出ることはありません。もし、膀胱炎の症状に高熱が伴う場合は腎盂腎炎を疑いましょう。

腎盂腎炎って怖い病気なの?

 腎盂腎炎は、膀胱炎に比べてあまり馴染みのない病気で、病名を聞いたことがない人も多いですよね。
 
 腎盂や腎臓そのもの(腎実質)に細菌が感染して急激に起こる病気です。
 
急性腎盂腎炎<腎臓と尿路の病気> – goo ヘルスケア

 腎盂腎炎とは、腎臓が細菌に感染し、38度以上の高熱や膀胱炎と同じような症状が出る病気です。膀胱炎との違いは、高熱が出るかどうかです。膀胱炎のような症状があって高熱が出た場合は、腎盂腎炎を疑いましょう。
 

 腎盂や腎実質に感染を起こす経路として尿路上行性感染、血行性感染、リンパ行性感染などがあります。
 
急性腎盂腎炎<腎臓と尿路の病気> – goo ヘルスケア

 腎盂腎炎になる原因は3種類に分けられます。1つ目は、尿路上行性感染と言い、膀胱炎を引き起こしている細菌が何らかの原因で腎臓まで入り込み感染を起こす場合です。2つ目は、血行性感染と言い他の臓器から感染が起こる場合で、3つ目はリンパ行性感染と言いリンパ管を通じて感染する場合です。腎盂腎炎は症状がひどくなると入院になることもあるため、原因になりうる膀胱炎は早めに治すなど腎盂腎炎にならないよう気を付けましょう。

膀胱炎、腎盂腎炎の予防法は?

 腎盂腎炎を防ぐには、膀胱炎を防ぐことが大切です。
 
 ●トイレを我慢しない
 ●水分を多く取りトイレに行く回数を増やす
 ●排便後、前から後ろに拭く
 ●女性の場合、生理のナプキンをこまめにかえる
 ●下半身を冷やさない
 
膀胱炎予防ってありますか? (0゜▽゜)0 – ヘルスケア(健康管理) | 教えて!goo

 膀胱炎を予防するのに最も大切なことは、清潔にしておくことです。清潔にすることで大腸菌が尿管に入ることを防ぐことができます。他には、トイレを我慢しないということも大切です。することがあると自分のトイレを後回しにしがちな人は要注意です。長時間トイレに行かないと膀胱炎になるリスクが高くなります。また、水分を多く摂り尿を多く出すようにすることも防止法として適切です。

 女性がなることの多い膀胱炎と腎盂腎炎について書いてきましたが、いかがでしたでしょうか。膀胱炎や腎盂腎炎を放っておくと敗血症という病気になり、生命の危機に陥る可能性もあります。早めに対処して重症化しないようにしましょう。