子宮頸がんが低年齢化 早期発見があなたを守る

子宮頸がんとは

 
 子宮の細い部分(頸部)の先端が腟の奥に突き出ています。子宮頸部の上皮(粘膜)から発生するがんのことを子宮頸がんといいます。
 
子宮頸がん – goo ヘルスケア

 
 子宮頸がんは、女性特有の臓器「子宮」の一部ががんに冒される病気です。死亡率が高く、女性の死亡原因の中でも上位にあります。
 
 致死率が高い原因のひとつは、自覚症状がほとんどないという点です。不正出血などが症状にあげられますが、生理不順などと勘違いしてしまい見逃してしまうことが多いからです。

子宮頸がんが若い人の間で急増中

 
 とくに子宮頸がんは20~30歳代に急増。これから子どもを産もうという人の多い年代であり、命は助かっても子宮を失うようなことになったのでは深刻な問題です。
 子宮頸がんは、性交で感染するヒトパピローマウイルスとの関係がかなり明確になっており、性交経験のあるすべての女性がこの病気のリスクをもちます。また、性交を経験する年齢が低くなったことが、このがんの低年齢化に結びついていると考えられています。子宮頸がんになるリスクが高いのは、性交を経験した年齢が低い人や喫煙者、妊娠・出産回数が多い人などです。
 
子宮がん、小さな変化を見過ごさないで – goo ヘルスケア

 
 子宮頸がんは40代以上にも見られる病気ですが、近年性交渉の低年齢化により10代などにも増えている病気です。若いからといって安心はできないのです。

原因はHPV

 
 ヒトパピローマウイルス(human papilloma virus)の略称。パピローマまたは乳頭腫と呼ばれるいぼをつくり、ヒト乳頭腫ウイルスともいう。性行為によって感染し、尖圭(せんけい)コンジローマや子宮頸がんの原因となる。
 
HPV – goo ヘルスケア

 
 子宮頸がんの原因はヒトパピローマウイルスです。多くの女性が一生に一度は感染していると言われています。通常ヒトパピローマウイルスは、体の免疫機能により自然に排出されます。しかし、子宮頸がんはなんらかの理由により、排出されなかったヒトパピローマウイルスが原因でおこります。

子宮頸がんは予防できる

 
 HPVは100種類ほどあることがわかっています。その中で、子宮頸がんの発生に深くかかわっているハイリスクグループは13種類。現在、認可されている子宮頸がんの予防ワクチンは、そのうちのHPV16型と18型の感染を予防します。この2種類のHPVが子宮頸がんの原因として最も多く報告され、その約70%を占めています。
 
子宮頸 がんを予防するワクチンの接種 – goo ヘルスケア

 
 子宮頸がんのワクチンは、まだ感染していない人に有効なワクチンです。そのため、11歳から14歳の女児への接種が推奨されています。HPVにも多くの種類があるので、100%防ぐことはできませんが、推奨年齢での接種で発ガン率を約7割抑えることができます。
 
 もちろん15歳以上にも有効です。ただし、年齢が上がるにつれ予防率は低くなってくるので、若いうちに接種することが大切です。
 
 現在ワクチンは自己負担で、3万円から5万円ほどで受けることができます。自治体によっては、一部負担してくれる自治体もあります。

検診が怖いあなたへ

 子宮頸がんの検診は、問診と細胞診で構成されています。細胞診といっても、ブラシで子宮入り口の細胞を採取するだけの簡易的なものです。人によって感じ方はさまざまですが、細胞診ではほとんど痛みは伴わないません。
 
 また、病院にもよりますが細胞診などの際は、直接顔が見えないようになどの工夫がされています。
 
 
 現在、厚生労働省は「20歳以上の女性を対象に、2年に1回の定期検診」を勧めています。検診には住民検診、職域検診、人間ドック検診があります。住民検診は各自治体が主体となって行い、検診料の約75%を補助してくれるため、自己負担は平均1500円程度で受けることができます。さらに、20、25、30、35、40歳には、無料クーポン券が配布されています。この無料クーポン券を多くの若年者が利用しています。
 
子宮頸がんの検診と検査 – goo ヘルスケア

 
 また、検診の費用については自治体から年齢ごとに補助がある場合があるので、確認してみましょう。

 子宮頸がんは他人事ではありません。どの女性でも子宮頸がんになる可能性があるのです。子宮頸がんは、早期発見がカギとなってきます。自治体や国などの補助をうまく活用して、定期的に検診を受けるように心がけましょう。