女性に最も多いがん「乳がん」の対処法まとめ

乳がんは女性に最も多いがん

 
 女性がかかるがんの中で最も多いのが乳がんです。年齢別では30歳代から増加し始めて50歳前後にピークがあり、職場や家庭で頼りにされる働き盛りの女性にとって、特に注意が必要ながんといえます。
 
定期的な運動に乳がんの予防効果 – goo ヘルスケア

 
 乳がんはかかる人が年々増えており、生活習慣や食生活の欧米化が原因のひとつだと言われています。乳がん発症の年齢分布は、閉経前の年齢が多いですが、近年では閉経後の年齢層で発症する人が増えています。一方で、遺伝的要因で起こる乳がんもあります。最近では、特定の遺伝子変異が要因の乳がんへの研究が進んでいます。また、マンモグラフィなどの乳がん検診によって、自覚症状がなくても、早期発見ができるようになりました。

乳がん初期は自覚症状がなく気づきにくい

 乳がんというと、しこりのイメージがありますが、初期には自覚症状がありません。
 
 
 乳がんの症状は、90%以上は痛みを伴わない乳房腫瘤(にゅうぼうしゅりゅう)です。
 
乳がん – goo ヘルスケア

 
 がんが進行すると、乳頭から血液が混じった分泌物が出ることがあります。片方の乳房の同じ場所から分泌物が出る場合は、要注意です。また、乳腺が腫れて、乳房にしこりが現れてきます。しこりが皮膚の近くにあると、皮膚が引っぱられてくぼみができたり、乳頭に近いと乳頭の陥没が起こることもあります。乳頭近くの乳管内に発生する乳がんの場合は、乳頭にただれが生じることもあります。

乳がんの検査はどんなことをするの

 
 乳がん検診(一次検診)で乳がんの可能性が疑われると、精密検査(二次検診)が必要になります。
 
乳がんの検診と検査 – goo ヘルスケア

 
 乳がんを疑う症状があったり、乳がん検診で要精密検査だった場合、乳腺の専門科を受診します(乳腺科・乳腺外科・外科など)。まずは基本的な検査として、問診・視触診・マンモグラフィ・超音波検査などが行われます。診察では、乳房やわきの下をチェックして、しこりやリンパ節の腫れを調べます。マンモグラフィは乳房のX線検査のことです。触診でわからない小さなしこりも見つけることができます。超音波検査は、しこりが良性か悪性かの判断材料となります。

乳がんの治療法は?乳房は温存できるの

 
 2期までの乳がんであれば、乳房の温存療法も可能です。乳房の部分切除、腋窩(えきか)リンパ節の郭清(かくせい)(きれいに取り除く)、放射線照射、薬物治療(抗がん薬、内分泌療法薬)を組み合わせた集学的治療です。
 
乳がん 治療方法 – goo ヘルスケア

 
 乳がんと診断されたら、MRI検査やCT検査を行い、がんの大きさや数、位置、リンパ節への転移の有無などを詳しく調べます。検査結果や乳がんの進行度、本人の希望などを考慮して、治療方針が決まります。治療法としては手術や薬物療法、放射線療法などがあります。先に手術した方がよいケースと、先に薬物療法でがんを小さくしてから、手術を行ったほうがよいケースがあります。乳房は、温存・全摘・同時再建など、様々な選択肢があります。

 乳がんを早期発見するために、定期的に乳がん検診を受けるようにしましょう。また、乳がんは自分で発見できるがんです。月に1回程度、自分で乳房チェックをすれば、早期発見の可能性が高まります。自分の乳房の状態を、知っておくことが大切です。