20〜40歳代女性に急増している子宮内膜症

子宮内膜症は進行性の病気

 
 子宮内膜に似た組織が腹膜や卵巣など子宮以外の場所で増殖する病気。
 
子宮内膜症 – goo ヘルスケア

 
 子宮内膜症は、子宮内膜組織が、子宮内腔以外のところで増殖し続ける、進行性の病気です。内膜症の細胞は、ホルモンの作用によって、月経ごとに炎症や出血を繰り返します。また、増殖したり、組織の中に入り込んだり、周囲の臓器と癒着を起こしたりします。子宮内膜症には、腹膜に増殖する「腹膜病変」、卵巣内に増殖する「チョコレート嚢腫」、子宮の後ろ側にあるくぼみのダグラス窩に増殖する「ダグラス窩閉塞」などの種類があります。

現代女性に増えている子宮内膜症

 
 子宮内膜症は月経をくり返すことが原因で起こるため、現代女性は子宮内膜症のリスクが高くなっています
 
現代女性に増えている子宮内膜症 – goo ヘルスケア

 
 

 日本では月経のある女性の10人に1人は子宮内膜症をもっているといわれ、とくに20〜40歳代の女性に急増しており、現在、治療を受けている人は12万人、潜在患者数は200万人とも推定されています。
 
子宮内膜症の潜在患者数は200万人 – goo ヘルスケア

 
 子宮内膜症の原因は解明されていません。いくつかの説をご紹介します。ひとつは、月経血の一部が逆流し、子宮内膜が腹腔内に運ばれるという説です。また、女性ホルモンのエストロゲンが作用して、内膜症が発生することもわかってきました。そして、子宮内膜が子宮筋層から直接骨盤内に侵入する説もあります。最近では、農薬やダイオキシンとの関係も指摘されています。毒性や発がん性のある農薬やダイオキシンが、エストロゲンと似た働きをして、内膜症を発生させる原因になると考えられています。

子宮内膜症の主な症状は月経痛と不妊

 
 主な症状は、疼痛と不妊です。最近の全国調査によると、日本では子宮内膜症女性の約90%が月経困難症(げっけいこんなんしょう)を訴えており、月経時以外の下腹部痛は約50%、性交時痛・排便痛は約30%にみられます。
 
子宮内膜症 – goo ヘルスケア

 
 子宮内膜症の主な症状は、月経痛です。進行するほど症状が重くなり、腰痛・排便痛・性交痛がある人もいます。その他の症状では、過多月経・貧血・下痢・頻尿・むくみなどがあります。腹膜にできた内膜症は、月経のたびに出血を繰り返し、臓器同士が癒着して痛みの原因をつくります。また、卵巣内で内膜組織が増殖した「チョコレート嚢腫」は、進行すると嚢腫が破裂したり、卵巣の付け根がねじれる「茎捻転」が起こり、激痛を伴います。

子宮内膜症の治療は?手術は必要

 内膜症の症状が軽い人は、治療しないで経過観察をする場合があります。治療は「保存療法」と「手術療法」に分けられます。保存療法とは薬物治療で、ホルモン療法が中心になります。子宮や卵巣をそのまま残すことができます。
 
 
 ホルモン療法が効かないとき、あるいはすぐに子どもがほしいときは、手術が勧められます。
 
選択肢が増えている子宮内膜症の治療 – goo ヘルスケア

 
 手術療法には、子宮や卵巣を残し内膜組織だけを取り除く「保存手術」と、子宮や卵巣を摘出する「根治手術」があります。保存手術は、病巣を取り除いても、再発の可能性があります。根治手術は、子宮と卵巣の摘出を行います。妊娠はできなくなりますが、再発の危険はなくなります。

 子宮内膜症は命にかかわる病気ではありませんが、治療を行えば症状は改善できます。月経痛がつらい場合は、受診することをお勧めします。妊娠を希望するかを考慮した上で、自分に合った治療法を決めることが大切です。