【その咳もしや?】マイコプラズマ肺炎の可能性

マイコプラズマ肺炎ってどんな肺炎なの

 
 マイコプラズマ肺炎は、子どもや若い人に多くみられ、患者の約8割は14歳以下の子どもですが、大人がかかることもあります。
 
記録更新! マイコプラズマ肺炎の流行 – goo ヘルスケア

 
 

 マイコプラズマの感染力はあまり強いわけではなく、インフルエンザのように短期間で爆発的に感染が広がることはありません。長引くせきよって感染が徐々に広がることが考えられます。
 
記録更新! マイコプラズマ肺炎の流行 – goo ヘルスケア

 
 肺炎にはその原因により、細菌性肺炎やウイルス性肺炎などいくつかの種類があります。なかでもマイコプラズマ肺炎は「肺炎マイコプラズマ」という細菌の感染が原因で発症する非定形型の肺炎です。かつては4年おきにちょうどオリンピックの年に流行ったことから「オリンピック肺炎」とも呼ばれていましたが、近年は毎年多くの患者が出ています。頑固な乾いた咳が特徴で比較的軽症な場合が多いため風邪と見分けがつきにくく、毎年秋から早春にかけて流行します。

マイコプラズマ肺炎の症状

 
 マイコプラズマ肺炎には次のような特徴があり、これらの所見から医師はマイコプラズマ肺炎を疑います。
 (1)年齢が60歳未満
 (2)基礎疾患がないか、あっても軽い
 (3)頑固なせきがある
 (4)聴診で雑音が少ない
 (5)たんの出ない乾いたせき
 (6)白血球数が正常
 
若い人がかかりやすいマイコプラズマ肺炎 – goo ヘルスケア

 
 

 最も特徴的な症状は咳嗽(がいそう)(咳(せき))で、ほとんどすべての症例に認められ、夜間に頑固で激しい咳が現れます。発熱も必発で、ほとんどが39℃以上の高熱が出ます。
 
マイコプラズマ肺炎<呼吸器の病気> – goo ヘルスケア

 
 マイコプラズマ肺炎になると、多くの場合は咳、発熱、頭痛、倦怠感などの症状が現れますが、特徴的な症状は長引く乾いた咳です。この咳は痰を伴わない激しい咳で夜間に現れることが多く、咳のため胸や背中の筋肉痛になることもあります。風邪と間違えやすい症状のため診断が遅れることがあり、注意が必要です。保育所や学校などで流行することが多く、1週間から3週間の潜伏期間ののち子供から家族へ感染することも多いため、家庭ではコップやタオルを分けたり、マスク着用やうがい・手洗いを徹底するなどして予防しましょう。

マイコプラズマ肺炎の治療

 
 子どもによく使われるペニシリン系やセフェム系の抗生剤はまったく効果がありません。
 
マイコプラズマ肺炎<子どもの病気> – goo ヘルスケア

 
 長引く激しい咳などの症状がある時は、マイコプラズマ肺炎を疑って医療機関を受診しましょう。マイコプラズマ肺炎は胸部X線と血液検査でのマイコプラズマ抗体価の測定で診断が確定します。しかし検査の結果が出るまでには1~2週間かかり治療が遅れてしまうため、通常は症状からマイコプラズマ肺炎を疑い治療を開始します。
 
 マイコプラズマ肺炎には一般的に細菌感染に対して使われる抗菌剤であるペニシリン系やセフェム系の薬は効きません。マクロライド系、テトラサイクリン系、ケトライド系などの抗菌剤が良く効くため、ほとんどの場合はこれらの薬の服用で治ります。ただし近年マクロライド系に対して耐性をもつ細菌が見られるようになったため、注意が必要です。

 もし「激しい咳が続く」症状がある場合は、風邪だろうと自己診断せず医療機関を受診しましょう。普段の生活の中では、マスクをしたり手を洗うなど、通常の風邪の予防と同じような対策を心がけることが重要です。感染した場合は必ずマスクをして、他の人に菌を移さないように気をつけましょう。