虫歯じゃないのに歯が痛い!原因はストレスかも

原因は何?治らない歯の痛み

 虫歯でもないのに歯が痛むという悩みは、たくさんの人が抱えています。
 
 
 原因不明の歯痛に悩まされています。
 波があって、歯を押さえつけられているような痛みで、何もしていなくても痛いです。しみることはありません。
 
原因不明の歯痛が続いています – デンタルケア | 教えて!goo

 
 

 久しぶりに虫歯になってしまったと思い、歯医者に行ったのですが、いろいろ見てもらったところ、「虫歯じゃないねぇ」とのことでした。
 
歯痛の原因がわからないんです – デンタルケア | 教えて!goo

 
 歯が痛いせいで食事ができなくなったり、夜も眠れなかったり。日常生活に影響が出てくるほどの痛みに悩んでいる人もいます。

歯痛の原因は、噛みしめすぎ?

 「ギリギリギリ…」と音がする歯ぎしりですが、音がしない歯ぎしりもあるのをご存知ですか?実は、ほとんどの人が歯ぎしりをしていると言われています。音がしないタイプでは、上下の歯をかみしめているのです。
 
 
 いずれにしても、ほとんどの人が無意識のうちに歯ぎしりをしているといわれます。無意識に行われる歯ぎしりでは、起きているときには考えられないような大きな力が出て、体重と同程度か、それ以上の力が歯に加わることさえあります。
寝ている間の歯ぎしりで歯がダメになる!? – goo ヘルスケア

 
 歯ぎしりが続くと、歯の表面が削られていきます。
 
 

 歯ぎしりや歯を食いしばるクセで、過剰な力がかかって、歯の表面が割れたり、はがれたりする。ひどいときは歯にひびが入ることも。
 
歯の象牙質が露出すると、刺激を感じるように – goo ヘルスケア

 
 これは知覚過敏症と呼ばれる症状で、虫歯ではないのに歯が痛みます。

歯ぎしりの原因はストレスだった?

 大きなストレスがあると、無意識のうちに歯をくいしばっています。
 
 
 ストレスがある→精神的な緊張は筋肉を緊張させ食いしばりや夜間の歯ぎしりの原因になる
 
食いしばり、精神的ストレス、姿勢も原因に – goo ヘルスケア

 
 また、ストレスを感じて唾液を飲み込む時にも歯をくいしばるケースもあります。
 
 

 人は緊張やストレスにさらされると無意識のうちに唾液を飲み込みます。それには二つのタイプがあります。口もとを結び、奥歯を噛みしめて飲むタイプと、歯は噛み合わせはせずに、舌全体を上あごにつけて飲み込む(指しゃぶリと同じ動作)タイプがあります。
 
緊張やストレスがもたらす心身症の一つ – goo ヘルスケア

 
 歯ぎしり改善のためには、ストレスの解消が重要です。カウンセリングを活用するのもいいでしょう。
 また、マウスピースを付けたりかみ合わせを調整したりすることで、歯ぎしりが改善されることもあるので歯科医に相談するのもおすすめです。

 歯の痛みとストレスは、意外と密接に関わり合っています。
 他にも、歯ぎしりはあごのだるさ、首や肩の凝り、頭痛なども引き起こします。原因不明の歯痛に加え、これらの症状に悩んでいる人は歯ぎしりの可能性を疑ってみましょう。