失敗続きでも大丈夫、ダイエットの秘訣3原則

薄味が必須、代理は酸味や香辛料で

 まずは、料理の味付けを薄味にしましょう。
 
 
 濃い味のおかずだとどうしても食欲が増し、ご飯やパンなどの炭水化物をつい食べ過ぎてしまいます。また塩分は脂肪や水分を体の中に蓄える働きがあるので、スムーズに消化し代謝させてしまうためにも薄味に慣れて素材の本当の味を良く味わって食べるようにてみてください。
 
薄味にしてやせる – goo ダイエット

 
 料理をする際にはだしをしっかり効かせたり、塩味の代わりに酸味や辛味などで味にアクセントをつけたりするのもおすすめの方法です。

適度な筋肉をつけて痩せる

 筋肉は新陳代謝を促す役目もしています。同じことをしていても筋肉量の違いでエネルギー消費量は断然違ってきます。
 
 
 筋肉を鍛える負荷運動のような無酸素運動で筋肉を鍛え、ストレッチやウォーキングなどの有酸素運動で体脂肪の燃えやすい筋肉を作りましょう。
 
筋肉をつけてやせる – goo ダイエット

 
 

 ハードで激しい運動はせっかくある筋肉や関節を痛めてしまうことに繋がりやすいので、無理なくコツコツと続けられる動作を選んで行うことが大切です。
 
痩せる有酸素運動、痩せない有酸素運動 – 教えて!goo

 
 筋肉が育つことで疲れにくい体にも変わっていくので一石二鳥で健康的に痩せることができます。

ストレスを上手に発散して痩せる!

 
 ストレスを感じた時、もしくは無意識に、おなかがすいているわけでもないのに食べ物を口にしてしまうことはないですか?人間はストレスを解消させるために気晴らしに食べたり、やけになって食べたりすることがあります。代理摂食と呼ばれます。食べても本質的なストレスの解消には繋がらないので、心身に負担が掛かったままとなります。
 
ストレスを発散してやせる – goo ダイエット

 
 食べること以外の解消法を見つけることが大切です。音楽を聴く、お風呂に入る、ゴルフやヨガなど体を動かすことならさらにおすすめです。人それぞれで解消法は違うものなので、自分なりの方法を探すのも楽しみたいものです。

 ダイエットをする時に気を付けたいのは、極度な変化を体に感じさせないことです。短期間に細胞が小さくなったとしても、リバウンドしやすい体質に繋がったり、ホルモンバランスや自律神経に悪い影響を及ぼしてしまうことになり兼ねません。体重はジリジリと落としていくのが健康的なダイエットへの一番の早道と言えるでしょう。