ニキビのできる場所でからだの不調がわかるかも

ニキビは思春期と大人とでは違う

 
 過剰な皮脂分泌により、ひたいやほお、あご、胸、背中などにあらわれる皮膚疾患で、男性ホルモンの影響によって思春期にできやすい。初期には、毛穴がふさがって皮脂がたまり、面ぽうという湿疹ができ、ここに細菌が繁殖して、炎症や化膿を引き起こす。
 
にきび – goo ヘルスケア – goo ヘルスケア

 
 思春期の場合、ニキビの原因は男性ホルモンによることが多いですが、大人ニキビの場合は違います。
 
 

 毛穴がつまる原因は、思春期ではホルモンの影響で皮脂の分泌量が多くなるためであるのに対し、アダルトニキビは、皮膚の新陳代謝が衰えて角質層が厚くなり、そこに化粧品などの刺激が加わったためです。そのため、前者が額や鼻など皮脂の分泌量が多い部分にできやすいのに対し、後者はあごやほお、口の周りといった、皮脂分泌の多くない部分にもできるのが特徴です。
 
アダルトニキビに悩んでいませんか? – goo ヘルスケア

 
 大人ニキビの場合は、肌の衰えなどが原因になります。大人ニキビの場合、思春期ニキビと比べてニキビができる場所が広範囲になるのが特徴です。

口周りのニキビは体調が影響している

 
 腸内環境が乱れると、口のまわりにニキビができやすくなります。食物繊維をたっぷり含んだ野菜やヨーグルトで、乳酸菌を摂取しましょう。また、マスクに消炎作用のある化粧水をスプレーしてつけると、口のまわりが殺菌されて改善しやすくなります。
 
口周りのニキビは、マスクで殺菌しよう 今日の健康ひとことり – goo ヘルスケア

 
 口周りのニキビは、胃腸トラブルなどが原因で起きることがあります。また、ストレスが溜まることでもできやすい場所です。充分な休息をとるよう心がけましょう。

ニキビではなく毛包炎の可能性も

 
 丘疹や膿疱の部分がやや硬く触れる根をもったものは、おでき(せつ(せつ))の軽い、ないしは小さいもので、軽い痛みがあり、表皮ブドウ球菌より黄色ブドウ球菌による場合が多いようです(深在性毛包炎)。首の後ろ・太もも・お尻などにできることが多く、1個あるいは数個〜数十個になることもあります。
 
毛嚢炎(毛包炎) – goo ヘルスケア

 
 首の後ろや太もも、お尻にできたできものはニキビではないこともます。黄色ブドウ球菌が原因の毛包炎の可能性もあるのです。軽い炎症の場合は、自然に治ります。

顔ではないけれど気になる背中ニキビ

 ニキビは顔だけでなく、背中にもできることがあります。背中ニキビの原因はさまざまなものが考えられます。原因の一つは汗によるものです。汗が原因でニキビが繁殖しやすい環境になってしまいます。汗をかいたらこまめに着替えることが大切です。
 
 さらに、シャンプーなどがしっかり洗い流せていなくて背中に残ってしまい、ニキビの原因になることがあります。シャンプーの荒い残しは背中だけでなく、髪の生え際のニキビの原因にもなるので、しっかり洗い流しましょう。
 ニキビができる場所は、実はあなたのからだの調子を示しているものかもしれません。特に口にニキビがあらわれた場合、胃腸の調子が良くない場合があります。また、ニキビに似ていてもニキビではない場合もあるので、気になる場合は専門機関を受診しましょう。