蚊の被害 7つの対策と9つのかゆみ対処法

蚊に刺されやすい人の6つの特徴

 
 血液型 よく刺されやすい血液型と、刺されにくい血液型があると言われる。一般的には、O型が刺されやすく、A型が刺されにくいと言われている。
 
カ – goo Wikipedia (ウィキペディア)

 
 

 酸性体質は偏食気味か、加齢で体が老化されてる人に多いです。肉ばかりの偏った食事でなくバランスの良い食事をし、野菜を多く食べるようにしてアルカリ体質に改善しましょう。
 
 また蚊に刺されやすい原因は
 1体温が高い。
 2息が荒い。(二酸化炭素を口から多く吐き出している人)
 3汗をかきやすい。
 4体脂肪率が高い。
 5アルコールを飲んだ直後。
 6男性より女性。(皮膚が柔らかくさされやすいし、体温が高めだからでは。)
 以上にあてはまると蚊にさされやすい体質といえます。
 
蚊に刺されやすい体質とは – ヘルスケア(健康管理) | 教えて!goo

 
 同じ環境にいても、なぜか、同じ人ばかり蚊に刺されているということはありませんか。蚊に刺されやすい人には特徴があったのです。蚊に刺されないようにするためにも、蚊が好む特徴を把握しておきましょう。
 

蚊に刺されないための7つの対策

 
 蚊は二酸化炭素に寄ってくる性質があります。
 蚊に刺されやすい人の特徴としては、「汗っかき」「アルコールを摂取している人」ということが挙げられるそうです。
 
蚊に刺されやすい人は体質?それとも、、、? – 教えて!goo

 
 ①飲酒を控える
 
 アルコールは呼気に二酸化炭素を多く含むため、飲酒をしている人は蚊にさされやすくなります。
 
 

 ●しっかりした網戸、エアコンが備わっている宿泊施設を選ぶ。蚊帳(かや)、蚊取り線香も有効。
 ●長袖・長ズボンを着用、素足にサンダルばきは避け、できるだけ肌の露出を少なくする。
 ●外出時や網戸のない建物では、肌の露出部分に虫よけ剤をつける。使用上の注意に従って塗り直し、日焼け止めと併用する場合は日焼け止めの上からつける。
 
夏の旅行シーズン 蚊による感染症にご用心 – goo ヘルスケア

 
 ②蚊帳や蚊取り線香をつける
 ③肌の露出をなくす
 ④虫除けスプレーをつける
 
 肌の露出を控え、蚊帳や虫除けスプレーで蚊を寄せつけないようにしましょう。
 
 

 予防法としましては その利用者宅で駆除をしてくれれば良いのですが、
 自衛策としましては 予め虫除け剤を肌に塗る、
 携帯用の防虫器具を持参、
 汗をかいたら直ぐに拭く。
 
シマ蚊に刺されない方法は?虫さされの対策は?シマ蚊の正確な名前は? – 病気 | 教えて!goo

 
 ⑤汗をふき湿度を上げない
 
 汗が蒸発する時のにおいに蚊が寄ってきます。汗はすぐに拭き取りましょう。
 
 

 そうそう、黒い服は、蚊が寄って気安いようですよ。
 白っぽいものの方が蚊が寄りにくいそうです。
 
蚊と日焼け対策について – 教えて!goo

 
 ⑥黒い服装はさける
 
 紫外線対策には黒色は有効ですが、蚊の防衛には白色です。
 
 

 シトロネラの香りは虫除け効果があります。
 
素朴な疑問;蚊取り線香の代用になるのかな? – 教えて!goo

 
 ⑦蚊が嫌うにおいを発する
 
 蚊にも嫌いなにおいがあります。アロマのスプレーも効果的です。

かゆみを抑える9つの対処法

 どんなに蚊の対策をしていても、残念ながら刺される時があります。刺されてしまうと、どんどんかゆみが増してきますね。蚊に刺されてしまった後、かゆみを抑えるにはいくつかの対処法があります。
 
 ①流水で洗い患部の毒を流す
 ②柑橘類の皮で患部を殺菌する
 ③茶葉で患部を殺菌する
 ④熱いおしぼりを患部に当てる
 ⑤患部に塩をぬりこむ
 ⑥石けんで洗い患部を殺菌する
 ⑦冷却し患部の熱をさげる
 ⑧虫さされの薬をぬる
 ⑨×をつけた痛みでかゆみを抑える
 
 刺された時に蚊が出す唾液が毒素となり、かゆみを引き起こします。アレルギー反応が出る前に毒素を体から素早く出すことが、かゆみを止めることにつながります。
 蚊の好みを知り、なるべく刺されないようにしたいものです。刺されても素早く殺菌し、蚊の毒を抜きかゆみに対処しましょう。就寝仲の耳元でうるさい蚊には、電気をつけるなど、他に高温の場所を作ることも効果的です。