10代でも発症する飛蚊症がネットで話題

そもそも飛蚊症とは

 
 視野に黒い点や虫のようなものがゆらゆらと動いて見える症状を飛蚊症(ひぶんしょう)といいます。これは眼の中を広く覆っている卵の白身のような物質・硝子体(しょうしたい)のなかに浮かんでいる濁りが景色に重なって見えるために起こります。
 
飛蚊症 – gooヘルスケア

 
 飛蚊症は、加齢やストレス、目の病気などが原因でおこります。また、近視の場合も起こりやすいといわれている病気です。パソコンやスマホなどが普及したことで目を悪くする原因が増え、10代や20代でも安心はできません。

飛蚊症は病気のサインであることも

 ストレスなどからくる場合、飛蚊症自体は重大な病気ではありませんが、飛蚊症が他の病気に繋がっているサインになっていることがあります。
 
 
 出血が少量の時は、硝子体中の出血が網膜に影を落として、飛蚊症を自覚します。突然、「墨を流したような影」を自覚したとの訴えがよく聞かれます。大量の時は光がさえぎられてしまい、霧視や視力の低下を起こします。
 
硝子体出血 – gooヘルスケア

 
 硝子体出血も飛蚊症で分かる病気の一つです。硝子体の血が黒い塊などのように見えます。こじらせると失明の危険もある病気です。

飛蚊症で網膜剥離が分かる

 
 初期には、目の前に蚊(か)のようなものが飛んで見える飛蚊症(ひぶんしょう)や、目を閉じていても光がちかちか見える光視症(こうししょう)になることがあります。
 
網膜剥離の症状・解説 – goo辞書

 
 目の網膜といわれる部分の下に水が溜まる網膜剥離も、初期症状で飛蚊症が現れることがあります。若者の投稿の中にも、長年飛蚊症を放置したために網膜剥離へ発展したケースもあるので、注意が必要です。
 
 

 毎年1万人に1人くらいの割合で起こると考えられています。剥離した網膜は徐々に機能を失っていくので、放置すれば失明に至る病気です。そのため、以前は恐ろしい病気というイメージもありましたが、最近では手術でほとんど治るようになっています。
 
網膜剥離 – gooヘルスケア

 
 網膜剥離の治療は、ほとんどの場合手術によって行われます。飛蚊症の症状が現れたら、病気を疑って、早めに診察を受けたいところです。

 飛蚊症は10代や20代の若いうちに発症することも少なくない病気です。飛蚊症自体が日常に悪影響を及ぼすことはあまりありませんが、重い病気にかかっている可能性もあるので、気づいたら早めに診てもらいましょう。