歯が痛い!そんな時に役立つ応急処置

歯痛の原因とは

 急に歯が痛いと感じることがありますが、その原因は様々です。虫歯が進行して、神経まで達している場合や、知覚過敏、歯周病、歯がヒビが入ったり割れたりしているもの、親知らず、など、歯の異常による痛みの場合があります。
 
 
 虫歯になってしまったら早めの治療が大切。歯の状態が悪くなればなるほど、大きな負担となります。
 
虫歯は予防が基本 – goo ヘルスケア

 
 また、副鼻腔炎、咀嚼筋の痛み、帯状疱疹や三叉神経痛、偏頭痛や脳腫瘍、狭心症、心筋梗塞などといった病気が起こす作用として歯が痛くなったり、うつ病などの心因性による歯の痛みなどもあります。治療にあたっては、原因となる病気に対応した診療科目との連携が必要となります。

歯が痛い時にできる応急処置

 歯が痛い時は、早急に歯科医の受診をするのが望ましいですが、夜間等ですぐに病院に行けないことがあります。その際に応急処置の方法としては、
 
 ・市販の痛み止めをのむ。
 ・痛い部分を冷やす。
 ・歯ブラシなどで詰まっている食べカスを取り除く。
 
 という方法があります。
 
 市販で手に入る痛み止めは、第一三共ヘルスケアの「ロキソニンS」などの解熱鎮痛薬です。歯科で出される痛み止め成分と近いため、痛み止めとして使えます。薬局等で症状を説明すれば、薬剤師が紹介してくれます。使用上の注意を守って服用してください。
 
 
 ロキソニンの処方目的・適応
 [プラノプロフェン,ロキソプロフェンナトリウム水和物の適応症]関節リウマチ,変形性関節症,腰痛症,頸肩腕(けいけんわん)症候群,痛風発作(プラノプロフェンのみ),肩関節周囲炎(ロキソプロフェンナトリウム水和物のみ)の消炎・鎮痛/手術後,外傷後ならびに抜歯後の鎮痛・消炎/急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む)の解熱・鎮痛
 
ロキソニンの詳細 | 特徴・効果効能・Q&A – goo ヘルスケア

 
 患部に近い部分を冷やしたり、冷水や氷を口に含んで歯を直接冷やすことも効果があります。歯の中の血流が多くなると神経を圧迫し痛みの原因となることがありますが、冷やすことによって血流を遅くすることが出来るので、痛みが軽減します。

なにもない時はツボ押しでしのぐ

 夜中に急に歯が痛み出した時、常備薬の用意がない場合や、ドラッグストアが閉店している場合など、解熱鎮痛薬が手に入らない時があります。この時に役立つのが、合谷(ごうこく)のツボです。
 
 
 夜中などに歯痛で悩んだ時には、「合谷(ごうこく)」というツボを刺激してみましょう。手の甲を上にして指をひろげ、親指と人さし指が交わるつけ根を見てください。その人さし指側の骨のキワで、少しくぼんだところが「合谷」です。ここは歯と経絡(けいらく)的につながっており、歯痛を和らげるツボです。
 
歯痛のときには、合谷のツボを刺激しよう 今日の健康ひとことり – goo ヘルスケア

 
 また、痛みが強い場合、地域の夜間・休日救急診療を利用し、応急処置を受けて下さい。救急診療で受けられるのは、あくまで応急処置ですので、平日になったら、できるだけ早く歯科医に行くようにしましょう。

歯が痛い時に避けること

 歯が痛い時は、痛みから逃れるために、いろいろと試してみたくなりますが、中には余計に痛みがひどくなることがあります。痛い歯を揺さぶったり、たたいたりといじっても痛みが強くなるだけです。
 
 また、神経を麻痺させようとアルコールを飲むのも厳禁です。血の巡りが良くなり、一時的に痛みを忘れたとしても、その後強い痛みに襲われます。熱い風呂に入ったり、激しい運動をすることも、血液の循環が良くなり、結果的に痛みを増すことになります。
 
 
 歯肉は、表面の上皮組織と内側の結合組織から成り立っています。喫煙によって、歯肉上皮は吸い込んだ煙に含まれるニコチンや、唾液に溶け込んだニコチンを直接吸収して、急性的な刺激を受けます。一方、歯肉結合組織や歯根膜、骨膜などには、末梢血管が走っており、末梢血管内に残留したニコチンやコチニンによって、慢性的な刺激を受けています。
 
タバコとお口の健康 – goo ヘルスケア

 
 喫煙は、毛細血管の血流を悪くする効果はありますが、歯肉に刺激を与え、歯周病の原因でもありますので、痛みの原因となることがあります。歯が痛い時にタバコは吸わないようにしましょう。

 応急処置によって痛みが軽減したとしても、一時的なものです。鎮痛剤等の使用は虫歯そのものを治療する効果はありませんので、歯が痛い時は、なるべく早く歯医者に行き、痛みの原因に則した治療を開始しましょう。