イヤなブツブツ!正体はマラセチア毛包炎?

「マラセチア毛包炎」とは?

 
 皮膚の常在菌である癜風菌(でんぷうきん)(マラセチア・ファーファー)が、胞子の形のままで毛包内で増殖するために生じる病気です。
 
マラセチア毛包炎 – gooヘルスケア

 
 赤いブツブツが体のあちこちに発症するため、ニキビと思われがちな病気です。ニキビといえば10代のイメージですが、マラセチア毛包炎の場合は男女関係なく、20代~40代まで幅広い年代に現れます。また、ほぼ均一の形で現れるとともに若干のかゆみを感じる点も、ニキビとは大きく異なります。原因は癜風菌(でんぷうきん)という皮ふの常在菌で、体の抵抗力が低下すると増殖し、かゆみや炎症を引き起こすと言われています。汗をかいたまま放置したり不衛生な状態で光が当たると生じることもあります。

ブツブツは上半身にできやすい

 
 好発部位は胸部、背部、肩、上腕などで、毛包のところに小さい比較的均一な紅色丘疹や小膿疱(しょうのうほう)がくっつき合うことなく多発します。
 
マラセチア毛包炎 – gooヘルスケア

 
 併せて、軽度のかゆみを感じることもあると言われています。さらに、癜風菌は皮脂分泌が多く湿気の高いところを好むため、汗をかきやすい夏場に症状が発生しやすいのです。加えて、ダイエットによる栄養不足や運動不足、睡眠不足など免疫力が低下することによっても菌が異常増殖するため注意が必要です。

こまめに体を洗い、清潔に

 
 清潔、洗浄、乾燥などのスキンケアも重要です
 
マラセチア毛包炎 – gooヘルスケア

 
 癜風菌は皮脂分泌の多い部位や湿気を好む点を考えると、清潔にし、乾燥させておくことが重要です。特に夏場は汗をかきやすく、外気は湿気が多いため、こまめなスキンケアが改善への近道です。外出先で汗をかいたらウェットティッシュで体をふき、帰宅後は入浴し汗を洗い流すとよいでしょう。体を洗うときは、毛包炎を刺激しないように石けんをよく泡立てて優しく洗うことを忘れないようにしてください。また、室内で過ごす際はエアコンを利用し、湿度を適度にコントロールしておくことも必要です。とはいえ、女性の場合は室温を下げすぎると冷え性にもつながるため28度を目安に設定することをおすすめします。

それでも治らなければ受診を

 いくら体を清潔にしても、体の免疫力が低下したり何らかの原因が複数存在すると治らないことも考えられます。どうしても症状が改善しないときは迷わず皮膚科を受診しましょう。
 
 
 癜風菌に抗菌力のある外用薬(主にイミダゾール系)を用います。治りにくい場合にはイトラコナゾール(イトリゾール)を内服します。
 
マラセチア毛包炎 治療方法 – gooヘルスケア

 
 癜風菌をはじめとした真菌の細胞膜の生合成をブロックし真菌の発生を抑える効果があります。どの場合も保険適応範囲内のため、気軽に医師へ相談するとよいでしょう。

 マラセチア毛包炎は治らない病気ではありませんが、放置すると悪化する恐れがあります。体をこまめに清潔にし、乾燥させていても症状がおさまらない場合は、遠慮せずに皮ふ科を受診しましょう。