0819_400

<ざっくり言うと>
◎ 新薬と100%同じではないが、種類も多くより利便性を高めたものもある
◎ 新薬に比べ開発費用が少なく、期間が短いので、同じ成分・同じ効き目で価格が安い
◎ 成分は同じでも添加剤や剤状が異なることがあり、どちらが効きやすいか個人差がある

病院で処方せんを渡され、近くにある調剤薬局にはじめていくと、かならずアンケートか口頭で聞かれる、「ジェネリック医薬品を希望しますか?」という質問。「どちらでもいい」とはいえず、「希望するのか」「希望しないのか」を明確に意思表示しなければなりません。でも実際は、どうした方がいいのかよくわからないまま、なんとなくどちらかを選んでしまってはいないでしょうか? とはいえ、薬剤師さんに納得いくまで説明してもらうのも、なかなか難しいものです。あらかじめ、「ジェネリック医薬品」について知り、自分がどちらを希望するのかを決めておくと回答もスムーズ。ただ、処方せんによっては、ジェネリックに変更できないものもあることも知っておきましょう。

意外とちゃんと知らない、ジェネリック医薬品って何?

お医者さんから処方される薬には、同じ成分・同じ効き目で価格が高い薬と安い薬があります。高い方が「新薬(先発医薬品)」、安い方が「ジェネリック医薬品(後発医薬品)」です。新薬は、開発メーカーによって独占的に製造・販売できる特許期間がありますが、この特許期間が満了すると、他の医薬品メーカーからでも、同じ成分・同じ効き目の薬を製造・販売できるようになります。これが「ジェネリック医薬品」です。厚生労働省によって、効き目や安全性が新薬と同等と認められた医療用の医薬品で、欧米ではポピュラーな薬です。

01

【医薬品の分類】

すべての薬にジェネリック医薬品ってあるの?

ジェネリック医薬品は、新薬の特許が切れた後に発売されるため、すべての薬にジェネリック医薬品があるとは限りません。処方された薬に対応するジェネリック医薬品があるかどうかは、医師や薬剤師に確認を。

02_2

【ジェネリック医薬品とは?】
新薬の特許期間満了後に発売される薬です。

同じ成分なのになぜ価格が安いの?

ジェネリック医薬品が安いのは、新薬に比べて品質が劣るというわけではありません。新薬の開発には時には15年近い歳月と、約300億円以上もの投資が必要といわれており、その間にかかる人件費や研究開発費が、新薬の価格に含まれます。一方ジェネリック医薬品の開発期間は長くて5年、開発費用は1億円ほど。新薬の臨床試験経験を踏まえて開発、製造されるので、研究開発の期間もコストも少なくてすみます。つまり、新薬と同じ成分・同じ効き目の薬が、原料の質を落とさずに、価格を抑えて製造できるのがジェネリック医薬品のメリットなのです。

【新薬とジェネリックの価格差 例】

<高血圧症>の薬を1日1回1年間服用した場合
新薬(3割自己負担)の場合⇒9,860円
ジェネリック医薬品の場合⇒3,290円

1年間の差額:6,570円

<糖尿病>の薬を1日2回1年間服用した場合
新薬(3割自己負担)の場合⇒6,570円
ジェネリック医薬品の場合⇒2,190円

1年間の差額:4,380円

<高脂血症>の薬を1日1回1年間服用した場合
新薬(3割自己負担)の場合⇒16,430円
ジェネリック医薬品の場合⇒9,860円

1年間の差額:6,570円

[参考サイト]日本ジェネリック医薬品学会「かんじゃさんの薬箱