大きく2種類の方法がある「湿布ダイエット」

湿布

 湿布を貼るだけという「湿布ダイエット」ですが、大きく分けて二つの方法があります。足の裏や肩甲骨周りに湿布を貼るものと、痩せたい部分に貼るというものです。
 
 足の裏などに貼る方法は「足裏湿布ダイエット」などとも呼ばれます。足の裏のようなツボがある部分を、湿布を貼ることで刺激することによって血行をよくし、甲状腺や内臓といった体の内側から活性化をうながし、それによって脂肪の燃焼をもたらすというものです。理論は足つぼマッサージと同様です。
 
 一方、痩せたい部分に貼る方法は「部分やせ湿布ダイエット」などと呼ばれます。これはダイエットに効果のある薬草エキスなどを用いた湿布を、脂肪が気になる部分に貼ることによって、血流や脂肪燃焼を促進し、新陳代謝を活発にするというものです。

 基本的には湿布を貼るだけなので、気軽に始められるのが特徴です。他のダイエット方法と併用できるのもいいところですね。ひとつ注意をあげるとすれば、通常の湿布の使い方と同じように、皮膚に異常がみられたらすぐに使用を中止する、ということです。