足ツボダイエットとは

足つぼ

 足ツボダイエットとは、足の裏にあるツボをもむダイエットです。足の裏にある、甲状腺や消化器に効果のあるツボをもむことで新陳代謝が良くなることがダイエットにつながるとされています。立ち仕事の人ばかりではなく、デスクワークで座っている人でも、一日の終わりには足がむくんでいたりすることがありますが、足ツボをもむことで、筋肉の疲れがとれたり、血行不良が解消されます。足ツボダイエットのやり方は、まず、足全体をもみます。リラックスしてきたら、甲状腺と腎臓や膀胱などの反射区であるツボをもんでほぐしたり、強い刺激を与えたりします。これを10分くらい続けます。あとは、水分を多めにとるようにするだけです。便秘や冷えなどにも効果が望めます。

 足がむくんだり、冷えていたりするのは、腎臓などに問題がある場合もありますが、ほとんどは血液やリンパの流れが悪くなっていることが原因です。足ツボをもみほぐすことで老廃物やたまっている水分などを排出することができるとされています。