最近流行りのパープル・フードダイエットとは?

パープル・フード

 パープルフードダイエットとは、一週間に三回紫色の食べ物だけを食べるダイエット方法で、なぜ紫色の食材を食べると痩せるのかと言いますと、抗酸化物質が含まれているからなのです。
 果物や野菜の赤色や青紫色を呈するアントシアニンというのはフラボノイドの一種で、例えばなすや紫いも、ブドウやカシスなどにたくさん含まれている事で有名です。
 また、アントシアニンというのは強い抗酸化作用があって、体内で老化の原因となる活性酸素を取り除く効果もあります。
 紫色の果物であるブルーベリーは視力が回復すると期待され、腸内環境も整えます。また、紫いもはビタミンEとビタミンCがたくさん入っているので、美肌効果があります。なすには炎症を鎮めるという効果があり、口内炎などに効果的です。
 黒米はビタミンやミネラルが豊富で、血液を浄化して老化防止に役立ちます。
 

 パープルフードダイエットは抗酸化作用があるアントシアニンを利用したダイエットという事がお分かりになって頂けましたか?
 ただ、一週間に3回というのはちょっと難しいかもしれません。
 ですので、普段の食事の中にパープルフードを取り入れて、バランスのいい食生活を心がけるのが大事だと言えるでしょう。