我慢が少ないから続く!低糖質ダイエット

低糖質

 低糖質ダイエットとは、糖質の多い食品を避けるだけのダイエットです。
 糖質を摂れば血糖値が上がり、それを下げるために肥満ホルモンとも呼ばれるインスリンというホルモンが分泌され太ってしまうのです。
 ですから、低糖質な食品を食べることで血糖値の上昇を防ぐとダイエットになるのです。
 このダイエットで避けたい食品は、お米やパンなどの主食や乳製品、果物、芋類、大豆以外の豆類です。
 また、一見ヘルシーに見える野菜でも人参やレンコンなどの根菜には多く糖質が含まれているので注意が必要です。
 そして、低糖質でダイエット向きの食品は赤身のお肉、魚、葉物野菜、大豆製品などです。
 ただ、糖質の多いものを避けていると食物繊維不足になりやすいので、キノコ類や海藻類などでしっかり食物繊維を摂取するようにしましょう。

 低糖質ダイエットのメリットは糖質の多い食品を避けるだけなので、それ以外のものは比較的自由に食べることが出来るという点です。
 お肉や魚なども普通に食べることが出来るので我慢が少なくて済み、続けやすいダイエットと言えます。