チョコレートダイエットとは

チョコレート

 チョコレートダイエットとは、食事の前にチョコレートを食べるダイエットです。チョコレートなら何でもよいわけではなく、カカオ含有量が70%以上のチョコレートを食べるとされています。チョコレートにはカカオポリフェノールが含まれています。カカオポリフェノールは血液をサラサラにし、動脈硬化を予防するとされています。花粉症を予防したり、ストレスにも効果があると考えられてもいます。また、タンニンも含まれているので、便秘も予防すると言われています。チョコレートを食べると、血糖値がすぐに上昇しますので、満腹中枢が刺激されて食欲を抑える効果が期待できます。目安としては、1日50g(板チョコ半分くらい)を三食に分けて食べるようにします。

 カカオ含有量が70%以上のチョコレートを食べると、一般的なビターチョコレートよりも苦い印象を受けると思います。糖分は少ないわけですが、チョコレートの種類によっては脂肪分が多いものもあるので食べ過ぎないようにしましょう。