しょうが紅茶でポカポカ代謝あげダイエット

しょうが紅茶

 しょうがと紅茶を使ったダイエットが話題に多くのぼっていますが、以前からこの組み合わせは風邪の引きはじめによく利用されていました。しょうがは、血行をよくする生薬なので悪寒がする時に温かい紅茶にすりおろしたしょうがを入れて飲むことで、体が温まり症状を和らげることができます。
 
 この2つの組み合わせの相乗効果は、素晴らしい働きがあり冷え症などで血液の流れが悪く代謝が低い人は、このしょうが紅茶を飲むことで、体が温まり血流が改善され代謝があがってきます。
 
 代謝があがれば、脂肪を燃焼する力がでてくるので太りにくい体質になり、また痩せやすい体にもなるということになります。
 
 しょうが紅茶の作り方は、紅茶にしょうがの搾り汁を入れるだけなので簡単。紅茶にはカフェインが入っているので、就寝前にはオススメできませんが、日中のティタイムや食後を利用して飲むとよいでしょう。
 

 しょうが紅茶には、温め効果の他に血圧や血糖値の上昇を防ぐ作用もあるので、健康維持にもオススメな一品。いつまでも健康的で変わらない体型をキープしていくために、日々の生活にぜひ取り入れたいものです。