筋肉に働きかける常態変換法ダイエット

常態変換法

 痩せている人と太っている人では筋肉の緊張度が違っているといわれています。
 常態変換法は筋肉の緊張状態に注目したダイエットであり、体一つで行えるとっても手軽なダイエットです。
 方法は簡単で、全身の筋肉の適度な緊張状態を意識してそれを維持するように努めることです。
 自分では筋肉が緊張している状態を維持しているつもりでも、ふと気が付いたら筋肉が緩んでいることが多かったりして、いかに筋肉が緩んだ状態慣れていたか再発見することができます。
 緩んでいると気づいたら再び筋肉に力を入れ直す、ということを繰り返すうちに痩せている人と同じ程度に緊張した状態の筋肉を手に入れることができます。
 筋肉に適度な緊張状態があることで、代謝が上がりより痩せやすい体質になることができます。

 常態変換法を行う際、筋肉の緊張だけでなく呼吸にも意識を向けることでより効果的に痩せることができます。
 息を吸うときに力を入れる、ということを意識するだけでより体に力を入れやすくなるので、ぜひ取り入れてみて下さい。