逆立ちダイエットとは

逆立ち

 逆立ちダイエットとは、逆立ちすることで血液の流れをよくするダイエットです。逆立ちすると、下半身にたまっている血液が流れるので、全身の血行が良くなります。足のむくみや胃下垂なども解消されるので、お腹のぽっこりしているのもとれると言われています。また、逆立ちして頭が下になると、アルファー波が出て瞑想しているような状態になると言われています。座禅やヨガをしているのと同じような効果があり、ストレスが解消されることになります。壁に足をもたれかける逆立ちでよいので、逆立ちのできない人でも大丈夫です。肩で立つような逆立ちでもいいですし、三点倒立のような逆立ちでも効果は変わりません。時間としては1分を目安にするとよいでしょう。1日2回くらいがよいとされています。
 

 逆立ちをするのは、食事や飲食をした直後は避けた方がよいです。また、思わぬ事故などが起きないように注意する必要もあります。広い所で、無理をしないようにしてください。力のある人は、逆立ちしたまま腕を曲げたり伸ばしたりして肩や腕の筋肉を鍛えるとよいでしょう。