ビートルートで中GI値ダイエット!

ビートルート

 ビートルートは別名を砂糖大根、またはビートと呼ぶ植物で、日本では北海道で採れる甜菜の事を指します。
 ビートルートから取れる糖分は「てんさい糖」と呼ばれ、「てんさい糖」の炭水化物が消化されて糖に変わる速さを相対的に表す数値であるグリセミック指数は65と、グリセミック指数が109の白砂糖に比べて大幅に低い数値となっています。
 
 この中GI値(GI値が56から69)の「てんさい糖」を日々の生活の食事に取り入れる事で、おだやかに糖質を身体に吸収させて脂肪をつきにくくするのが「ビートルートダイエット」の基本理論です。
 
 「ビートルートダイエット」のやり方としては、通常砂糖を使う日常の場面、たとえばコーヒーを飲む時や料理に砂糖を使う時などに「てんさい糖」を使うだけでOKです。

 ダイエット中でも糖分は摂りたい、でもカロリーが気になる、そんな方におすすめなのが、ビートルートから作られた「てんさい糖」を利用した「ビートルートダイエット」です。
 しっかりとした甘みを持ちながら中程度のGI値である「てんさい糖」は砂糖に比べて脂肪がつきにくい糖分の一つです。