無給の産休ママ必見、出産手当金とは?

出産手当金と出産一時金の違い

 出産手当金と出産一時金、この二つを混同する人が多いのですが、まったく違います。
 出産手当金は、産休を取ったにもかかわらず会社から給与が支払われない場合に支給されるお金ですが、出産一時金は出産費用の補助として39万円から42万円支給されるお金です。
 出産手当金=産休中のお給料の代わり
 出産一時金=出産費用の補助
 と、覚えておくと良いでしょう。
 出産一時金は国民健康保険をはじめ何かしらの健康保険に加入していても支給されますが、出産手当金は国民健康保険に加入していても支給されませんので注意が必要です。

出産手当金がもらえる場合、もらえない場合

 出産手当金の受給条件
 ・勤務先の健康保険組合に加入していること(国民健康保険はNG)。
 ・出産のために産前、産後に休暇を取っているにもかかわらず会社から給与が支払われていないこと。
 要するに、自分が働いていて、勤務している会社の健康保険に加入していて産休中にお給料が支払われない場合に支給される、ということです。
 もともと産休中はお給料が支払われているよ、という場合には受給資格がないのです。
 自営業やパート勤務で健康保険は国民健康保険、という方やご主人の健康保険に加入している場合は支給の対象にはなりません。

出産手当金の支給額と支給期間

 出産手当金は、通常の収入を元に計算します。
 計算式は以下の通り。
 
 日給×3分の2×支給日数
 (月給÷30=日給)
 では支給日数はというと、「産前42日、産後56日」と定められています。
 出産予定日前の42日、プラス出産後56日です。
 つまり、出産予定日にぴったり出産した場合は98日分の手当が支給されるのです。
 予定日超過で出産した場合は?というと、
 「出産予定日前42日+予定日から出産日までの日数+産後56日」となるのです。
 予定日を超過すると周りからのプレッシャーで大変ですが、出産手当金はちょっとだけお得になりますね。

出産手当金の請求手続き

 出産手当金を請求するために必要な書類は以下の通りです。
 ・健康保険出産手当金支給申請書
 ・申請期間とその前一ヶ月分の賃金台帳やタイムカード
 申請書には自分で名前や銀行口座を書くだけではなく、出産した病院の医師や助産師が記入する項目と、事業者が記入する項目があります。
 出産の際には病院に持って行き、あらかじめ渡しておきましょう。
 会社にも申請書の記入とともに賃金台帳やタイムカードの提出をお願いしなければなりませんので、前もってお願いをしておくとスムーズです。
 国民健康保険以外の健康保険に加入していて、産休中にお給料がもらえない働くママさんは出産手当金を請求することで、給料の一部を受け取ることができます。請求手続きは自分で行わなければなりませんが、産前産後合計で98日分ももらえますので忘れずに手続きをしましょう。