働くママ(パパ)が育休中にもらえるお金 育児休業給付金

育児休業給付金とは?

 赤ちゃんが1歳を迎えるまで、法律によって働くパパやママは育児休業を取得できることが定められています。そして育児休業中は、働くパパやママが加入している雇用保険から育児休業給付金が支払われます。通常は1歳を迎えるまでですが、保育所が見つからず復帰が難しい場合などは1歳6ヶ月まで延長することもできます。
 また「パパ・ママ育休プラス」という制度があり、パパやママともに育児休業を取得する場合は1歳2ヶ月まで育児休業を取得できます。これは同時に取得した場合だけでなく、交代で取得した場合にも適用されます。

育児休業給付金の対象者は?

 雇用保険に加入していて、育児休業を取得する前2年間に11日以上働いた月が12カ月以上あるパパとママが対象です。この条件を満たしていれば、派遣社員や契約社員、パートやアルバイトでも対象になりますが、1年以上雇用されていて、赤ちゃんが1歳を超えても引き続き雇用継続の見込みがあることなどが追加条件になります。育児休業終了後に既に退職の予定がある場合や、育児休業中に会社から8割以上の給与が支払われる場合は対象外となるので、注意が必要です。

給付金額はいくら?

 給付金額は育児休業を取得してからの期間によって、次のような2段階になります。育児休業終了日の属する月については、日割りで計算されます。
 ①育児休業取得から6カ月目 月給×67%
 ②6カ月経過後          月給×50%
  この計算に用いられる月給は、基本給に加えて残業代などの手当を含みますが、ボーナスは含まれません。月給には限度額が決められており、上限額は426,000円で下限額は69,000円となっているため、その金額を上回る場合や下回る場合には上限額や下限額を用いて計算されます。育児休業中に給与が支払われる場合、給付金と給与を合わせて月給の8割以下になるように調整されます。
 実際に月給25万円として計算してみると、以下のようになります。
 6カ月目まで 25万×67%=167,500円
 6カ月経過後 25万×50%=125,000円

手続きはどうすればいいの?

 手続きは必要書類を会社の所在地を管轄するハローワークに提出するのですが、本人に代わって会社が行う場合がほとんどのようです。事前に会社の担当部署に育児休業の取得時期や期間を相談して「育児休業給付受給資格確認票」と「育児休業給付金支給申請書」をもらっておきましょう。育児休業を取得する1ヶ月前までには、記入して会社に提出します。その後は2ヶ月に1回、追加で支給申請が必要になるので、忘れないように注意しましょう。
 育児休業給付金は、パパやママの育児をサポートしてくれる大切な制度です。夫婦で協力して育児休業を取得することで、上手く制度を活用することができるのも大きなポイントです。制度を事前に正しく理解して、しっかり育児に役立てましょう。