確定申告で取り戻せるお金 医療費控除

年間10万円以上の医療費なら確定申告しよう!

 1月1日~12月31日の間に、10万円以上医療費がかかったら、10万円を超えた分は還付されることになります。それを医療費控除と呼びます。
 医療費控除を行うことで、最高200万円までの所得税が控除され、還付されることになりますので、実質的に10万円を超えた分は返ってくることになります。
 所得が200万円未満の方は、この10万円の部分を、総所得の5%と置き換えて計算します。医療費控除は忘れていても過去5年にさかのぼって還付を受けることができます。

領収書を添付しよう

 確定申告時には、領収書をまとめて提出することになります。日付順、掛かった病院順、なんでも構いません。整理した領収書を提出することが重要になります。
 また、嬉しいことに、治療のためなら薬局での購入、付き添いの人件費、接骨院の領収書や、病院までの電車代やタクシー代も控除の対象になります。
 病院までの電車バス代金は領収書がなくとも、金額と目的地(病院)を書き込んだ紙を提出するだけで認められます。
 大切なのは、整理された領収書を提出することです。

領収書を整理しよう

 医療費控除で大切なことは、領収書をきちんと整理することです。
 家族複数の領収書が混じっている場合は人ごとに整理し、かかった病院ごとにも整理する必要があります。一回の通院でもらった病院の領収書と薬局の領収書、交通費のメモなどをまとめて整理することで、審査する税務署職員の仕事もやりやすくなり、またこの人はしっかりと確定申告しているなという印象を与えることもできます。否認される可能性も下がるでしょう。

後払いの領収書はいつの日付が有効か?

 診察日と支払日(押印日)が違うことがあります。手持ちがなくて後払いになったり、クレジットカードで後清算された場合などです。
 その場合は、診察日が対象となりますので、その日が含まれる年が医療費控除の対象になります。12月に受診して翌1月に支払った場合は、12月の医療費として認定されると言うことです。クレジットカード払いの場合は領収書がでませんのでカードの引き落とし明細で領収書の代わりとして提出してください。
 病気のときは焦りますので税金のことは忘れがちです。ですが掛かった医療費は取り戻せますので、領収書は絶対捨てずに確実に確定申告を行ってください。生命保険が給付された場合はそこから除外されます。つまり医療費50万円で生命保険20万円の場合は、50-20-10で20万円が医療費控除の対象となります。