三大疾病治療の相場、平均

総額で100万円以上かかる場合が多い

 がんの場合は発症している部位にもよりますが、手術代などで総額100万円を超えることは決して珍しくはありません。多くの場合は公的医療保険で負担が軽減されますが、これらの疾患の場合は保険の適用外である「先進医療技術」を用いる場合もあり、その場合には全額を自己負担しなければならなくなります。入院に際しては「差額ベッド代」などは保険の適用外なので、入院期間が長くなるほど負担も大きくなります。特に脳卒中の場合は入院期間が長くなる傾向にあります。

高額医療制度にも制限がある

 医療費が高額な場合、年齢と取得に応じて自己負担の限度額を超える分が還付される「高額医療制度」を利用することができます。しかし、月をまたぐ医療費に関しては同じ医療費でも負担が大きくなる場合が多いです。また、高額医療制度は保険が適用されることが前提なので、先進医療などの保険適用外の治療法を用いた場合には還付申請ができないというデメリットもあります。さらに、この制度はあくまでも「還付」なので、保険の適用内でも一旦自己負担分は支払わなければならず、資金繰りに苦労する可能性もあります。

手術後にも医療費が掛かる

 がんの場合、切除手術が完了しても抗がん剤による継続治療を必要とし、場合によっては他の部位に転移して再び手術という可能性も高いです。脳卒中の場合、一命をとりとめても何かしらの障害が残る可能性もあり、リハビリにかなりの時間と医療費を要します。このように、三大疾病では一度の手術や入院では終わらない可能背が高く、それだけ医療費も大きな金額になりやすいのです。保険が適用されて高額医療制度を利用できても、決して安い金額とはならないでしょう。

保険にも注意が必要

 民間の保険会社の保険商品では、これらの疾病に対する保障を盛り込んでいるものも多く、公的医療保険ではカバーしきれない医療費の負担を軽減することができます。ただし、これらの疾病の保険では特定の条件を満たしていないと保障の対象とはならず、場合によっては全く保障を受けられない可能性も十分にあります。保険商品を選ぶ際には保障される金額だけでなく、保障に関する細かな条件に関しても選定の基準に入れておく必要があります。
 三大疾病の発症リスクは生活習慣によって高まり、高い死亡率が認められています。その医療費に関してはどこまでが保障され、どの部分に関して備えておかなければならないかを十分に理解して、いざという時にお金に困ることがないようにしましょう。