女性がかかりやすい病気とかかりやすい年齢、入院の理由って?

20代は出産トラブルとバセドウ病

 出産の際、5~6人に1人は帝王切開であるというデータがあり、異常分娩も20代後半から発症リスクが高まるなど、出産のトラブルが起きやすい時期です。また、甲状腺に異常が現れる「バセドウ病」にかかりやすいのも20代後半から30代にかけてまでです。男性にも発症しますが、男女比が1:10と特に若い女性に発症しやすく、全身の臓器に原因不明の炎症が起きる「全身性エリテマトーデス」の発症も無視できません。高齢の女性に多い「子宮頸がん」も、この時期にも見られやすい病気で、若いからといって病気とは無縁とはならないようです。

30代は子宮内膜症と子宮筋腫

 30代になると、20代以上に出産時のトラブルが発生しやすくなります。35歳以上の出産はいわゆる「高齢出産」であり、出産時の出血量の増加や帝王切開の確率が高まるなどのリスクが高くなります。また、「子宮内膜症」や「子宮筋腫」も30代になると急激に発症するリスクが増加します。さらに、高齢者に多いと思われがちな「関節リウマチ」は、実は30代~40代の女性に多く見れる病気なのです。20代以上に病気に対する備えが必要になるということです。

40代は子宮筋腫と乳がん

 40代では、30代で増加していた「子宮筋腫」の発症リスクが一生のうちで最も高くなります。40代の入院原因で最も多い病気でもあります。また、この時期から「乳がん」の発症リスクが高くなり、入院原因でも子宮筋腫についで第2位となっています。出産に関しては「異常分娩」の確率が高くなり、むしろ20代や30代と比べて自然分娩よりも異常分娩の方が多くなるほどです。「がん」はもっと高齢になってからの病気だと思われがちですが、この時期になるともはや他人事ではなくなるとうことです。

50代からは各種のがん

 40代から増加していた「乳がん」に加えて、「子宮体がん」や「卵巣がん」など各種のがんを発症しやすくなります。50代女性のがん患者数は40代の倍ほどであると言われていて、入院原因の1位が「乳がん」、2位が「卵巣がん」となっています。さらに、「関節リウマチ」や「子宮筋腫」、「バセドウ病」の発症も少なくなく、この時期に注意したいのが「更年期障害」です。更年期障害は、閉経後10年前後でかかると言われています。
 若いからといって決して病気にならないわけではなく、若いからこそ発症しやすい病気や入院の原因となる出来事が多いことを理解しましょう。年齢別に発症しやすい病気の種類を把握し、その発症に備えることが重要です。