就職した時の保険選びのポイント

最も重要な「医療保険」

 民間の保険商品にはいくつか種類がありますが、最も重要視しなければならないのが「医療保険」です。特に、公的医療保険では保障されない「先進医療」、その中でもがんの治療に用いられる先進医療の医療費は200万円を超えるものが多いです。公的医療保険の「高額医療制度」を利用しても自己負担が大きくなることも多く、そのための資金繰りに困らないようにするためには医療保険が必要不可欠です。病気はいつ発症するかわからないので、最優先で考慮しておきたい保険です。

万が一のための「死亡保険」

 自分が死んでしまったとき、残された家族が生活に不自由しないようにするのが「死亡保険」です。ただし、自分自身に扶養家族がいるかどうかで死亡保険の重要性は大きく異なります。独身で、不要すべき家族がいない場合には、自分が死んでから必要になる費用は「葬儀費用」に限定されます。最近の葬儀費用の相場は200万円ほどなので、扶養家族がいない場合にはこれを賄えるだけの保険で十分になります。医療保険ほど優先しなければならない保険ではないということになります。

将来のための「生命保険」

 将来発生するであろうリスクに対しての貯蓄を、預貯金の代わりに「生命保険」で賄うという選択肢もあります。貯蓄のための生命保険は、「終身保険」がお勧めです。もちろん、生命保険に頼らずに預貯金のみで賄うということもできますが、生命保険の場合は保険料の支払いによって半ば強制的に積立ができ、貯金をすることが苦手な人でも確実に貯蓄をすることができます。生命保険での貯蓄は老後資金としてよりも、病気になった時や仕事を辞めた時、何か目標ができてそれのためにお金が必要、といった将来的に起こりうる出来事に対する貯蓄であるということが多いです。

保険選びの注意点

 まず、自分は病気等には無縁だから保険は必要ない、という考え方は危険極まりないです。将来的にどのようなリスクが発生するか分からないのですから、備えは必要です。次に、特に就職を機に保険に加入する人は職場に訪れた保険会社の営業マンの言われるがままに保険に加入することも多いですが、自分に合った保険は自分で選ぶ必要がありますからそれはやめておきましょう。また、保障の内容が十分なものであるか、逆に過剰になりすぎていないか、保障内容と保険料のバランスを十分に考慮しておきましょう。
 保険商品を選ぶ際には、保険会社の意見を参考にはしながら鵜呑みにせず、あくまでも自分に最適な保険商品を選ぶことが重要です。将来的に何が起こってもお金に困ることがないように、早めに検討して自分に合った保険に加入しましょう。