結婚したとき(専業主婦)の保険選び・見直しのポイント

ベースとなるのは働き手の死亡保障

 1人の働き手が家族の生活を支える、いわゆる「大黒柱」と言いますが、一家の大黒柱が亡くなった場合、家庭の収入は基本的にゼロになってしまいます。そうなると貯金を切り崩していかなければなりませんが、そのために十分な貯金がなければ一家は路頭に迷ってしまいます。そのため、結婚して一方が退職する場合、働き手の死亡保障を充実させることが保険見直しの軸となります。万が一、働き手が亡くなったとしても遺族が生活をするのに困らないような保障を受けられるように、保険を見直すことが必要です。

奥さんの医療保険はお早めに

 出産にはそれなりの医療費が必要になり、公的医療保険ではその全てをカバーすることはできません。しかも、妊娠した後だと保険の加入が難しくなり、良くても条件付き加入、悪ければ保険の加入を断られる可能性もあります。出産にあたって十分なお金が用意できていないと、安心して出産に臨むことができません。そのため、奥さんの医療保険は妊娠前に加入しておき、安心して出産に臨めるようにしましょう。その後には、更に保険の見直しが必要になります。

家族構成の変化に合わせた保険の見直し

 出産するということは、少なくとも1人養うべき家族が増えるということになります(双子以上だと一気に増える)。そうなると、今まで旦那が養うべきは1人だったのが、2人、3人と増えていき、万が一の際の保障もその人数に合わせて見直す必要があります。さらに、子供の学費の捻出も考慮し、子供が成人するまでに旦那が亡くなった後の学費も十分に確保できるようにしなければなりません。貯金で賄えればそれに越したことはありませんが、家族が増える分だけ生活費もかかるのですから、場合によっては十分な貯金が難しいことも考えなければなりません。

奥さんの死亡保障は必要?

 保険の見直しは、働き手の疾病、死亡に伴う収入の喪失をカバーすることにあります。ということは、収入がゼロの専業主婦には死亡保障は不要かと言えば、実はそうではないのです。家事と子育てを行う奥さんが亡くなった場合、子供のために職を変えたり退職するということは十分に考えられますし、家政婦を雇うのにもお金が掛かります。そうなると、奥さんの死亡保障も絶対に不要であるとは言えません。出産時期や子供の成長に合わせて奥さんの死亡保障も考えておきましょう。
 結婚を機に夫婦のどちらかが退職する場合、その分の収入が減少すること、働き手が亡くなることで収入がゼロになることを考慮して、残された家族が路頭に迷わないような保険の見直しが必要です。ライフスタイルの変化や就業形態に合わせた保障を受けられるように、しっかりと保険を見直しましょう。