働く女性の保険選び・見直しのポイント

共働き=収入に余裕があるのに保険は必要?

 夫婦共働きということは、ある程度収入には余裕があるということ、ならば保険に加入しなくてもお金に困ることはないのでは、と思ううかもしれませんが、実は「共働きだからこそ」保険が必要になるのです。それは、基本的に家計の支出は収入の総額で計画するものであり、これには「ローン」なども含まれます。もし、2人分の収入でローンの返済を計画している最中に一方の疾病や死亡によって収入が半減すると、返済に必要な収入がなくなってしまうことになるのです。いざ収入がなくなった時のためにこそ保険が必要になるのです。

女性だからこそ必要な「死亡保険」

 上記の理由で女性にも死亡保険が必要になりますが、女性が死亡保険を必要とするのはもうひとつの側面があります。妊娠・出産を機に専業主婦になることを見越すと、その後は収入が無くなることになりますから必要ないように思えますが、子供が成人していない状況で専業主婦が死亡した場合、家庭環境の急激な変化と子供に対応するために旦那が退職・転職することで収入は不安定になります。その時に死亡保険金があれば、家政婦を雇う等で対応することができるのです。

医療保険は女性特有の保険もある

 細菌の保険商品の中には、女性特有の疾病に対する保障が充実した、いわゆる「女性保険」というものが増えてきています。乳房や子宮に関するがんなどの疾病に対して、通常の疾病よりも手厚い保障を受けることができるのです。男性には加入できない、女性専用の保険商品なのです。ただし、通常の保険商品よりも保険料が高いことが多く、一概に女性保険を選ぶことが常に正しいとは言えません。選択肢の一つとして、各社の細かな条件等を考慮して加入することもできます。

早いうちに保険に加入することを検討

 女性の保険の見直し・加入は、働いている、いないに関わらず早めに検討しておくことが望まれます。特に注意するのが「妊娠」です。保険商品の中には妊娠中の女性に対して加入に条件を付けてきたり、加入を断るケースもあります。結婚してすぐに妊娠、ということは常にあるわけではないですが、健康なうちに保険に加入しておくことが必要になります。結婚で環境も大きく変わり、その上で仕事もこなしていて忙しいでしょうが、早めに見直しを終わらせておくことをお勧めします。
 働く女性は、女性だからこそ選ぶべき保険、見直すべき保険があるということを念頭に置いておきましょう。共働きで収入に余裕があると高をくくっていると、意外なところでお金に困る事になるかもしれません。働いていて忙しいでしょうが、早めに見直しをすることをお勧めします。