肺性脳症とはどんな病気か

 肺の機能不全により中枢神経症状を起こす状態をいいます。肺は呼吸をする臓器なので、呼吸ができなくなると、肺の動脈の二酸化炭素(CO2)が上昇し、酸素が低下します。したがって、肺性脳症には、二酸化炭素上昇による症状(これをCO2ナルコーシスという)と、酸素低下による低酸素脳症(ていさんそのうしょう)が含まれます。

原因は何か

 動脈血のCO2はすみやかに細胞膜を通過するので脳細胞内のpH(ペーハー)が急速に低下し、脳の細胞は酸性になり、これがCO2ナルコーシスの原因といわれています。脳血管は拡張し、脳血液量は増加し、脳浮腫(ふしゅ)を起こします。また脳は酸素消費量が非常に多く、全身の20%以上を消費するといわれています。そのため、酸素欠乏が起こると脳細胞は急速に傷害され神経症候が現れます。
 原因としては、慢性肺疾患、とくに肺気腫(はいきしゅ)や肺線維症(はいせんいしょう)で最も起こりやすいとされています。また、肺や気道の感染、心不全、薬剤、とくにモルヒネやバルビタールなどの投与による呼吸抑制、麻酔、喘息(ぜんそく)発作などでも起こります。呼吸抑制を引き起こす神経疾患(たとえば運動ニューロン疾患重症筋無力症(じゅうしょうきんむりょくしょう)、ミオパチーなど)でも起こります。しかし家庭での対応で緊急を要するのは、事故や自殺未遂によるガス中毒や薬物中毒であり、早急に医療機関へ搬送しなければなりません。

症状の現れ方

 脳神経の症状が現れる前に、血圧の変動、心拍増加、発汗、皮膚発赤(ほっせき)などが起こります。精神症候や神経症候としては頭痛が高い頻度で起こり、また軽い注意力低下や、重症の場合には昏睡まで、さまざまな程度の意識障害が現れます。脳圧が高くなり、うっ血乳頭が起こり、顔面の筋肉や手の震え(振戦(しんせん))などもみられます。低酸素脳症のため精神症状、意識障害などが現れ、後遺症として、意識障害、知能低下、不随意運動(ふずいいうんどう)などがみられます。

検査と診断

 基礎となる肺疾患や呼吸抑制を引き起こす神経疾患など、呼吸がしにくくなる原因と臨床症状がみられたら本症が疑われます。すぐに動脈血ガス分析を行って診断します。低酸素脳症も、原因の確認と動脈血ガス分析の結果および現病歴で診断されます。

肺性脳症に気づいたらどうする

 原因にもよりますが、誘因の除去、気道の確保などの処置をするとともに、呼吸不全には人工呼吸器の使用が必須です。酸素吸入、血液のpH補正など早急な対応が必要なので、医療機関を受診します。