脳性麻痺とはどんな病気か

 子どもがおなかにいるときから生後4週までに、何らかの原因で脳が損傷を受けると、その後、体や手足が自由に動かせなくなることがあります。これが脳性麻痺で、脳障害の後遺症といえます。運動の麻痺ですが、知的障害てんかんを伴うことがあります。麻痺が非常に軽度で生活上の障害がない人から、重度で座ることができない人までいます。

原因は何か

 脳障害の原因はさまざまで、次のようなものがあります。
(1)おなかにいるとき
 遺伝子や染色体の異常、脳の形成異常(小頭症(しょうとうしょう)など)、胎内感染(風疹(ふうしん)、サイトメガロウイルスなど)、子宮内外傷(しきゅうないがいしょう)など
(2)出産時とその前後
 仮死、脳室周囲白質軟化症(のうしつしゅういはくしつなんかしょう)、頭蓋内出血(ずがいないしゅっけつ)、核黄疸(かくおうだん)など
(3)生後1カ月まで
 脳炎(のうえん)、髄膜炎(ずいまくえん)、脳血管障害(のうけっかんしょうがい)、頭部外傷(とうぶがいしょう)など

症状の現れ方

 首がすわる(3〜4カ月ごろ)、おすわりができる(7カ月ごろ)、歩き始める(1歳ごろ)などの運動発達が遅れます。また、体や手足が硬い、手足の動きが少ない、体がそりやすいなどの異常がみられます。これらの症状は、およそ2歳ごろまでに現れます。一般的に重度なほど早期に症状が出ます。
 成長するにつれて、手足の筋肉が短縮したり、関節がこわばったり、大腿骨(だいたいこつ)・下腿骨(かたいこつ)のねじれが強くなったりして、いったん得られた機能が学童期に低下する傾向があります。

検査と診断

 脳の超音波、MRI、CT検査の結果などと、手足の筋肉の緊張や運動発達の遅れなどの症状から総合的に診断します。ごく軽度の脳性麻痺では、これらの検査で異常がみつからないことがありますが、その場合は症状で診断します。
 麻痺のタイプには、痙直型(けいちょくがた)(筋肉に力が入りやすい)、不随意型(ふずいいがた)(意思とは関係なく、手足が動いてしまう)、失調型(バランスが悪く、ふらふら歩く)などがあります。

治療の方法

 治療の目的は、子どものもつ運動能力を最大限に引き出し、得られた能力を生涯にわたり維持させることです。
(1)訓練
 理学療法で筋肉の緊張を和らげたり、運動発達を促します。作業療法で手の機能の向上を目指します。
(2)装具
 歩きやすくする、手を使いやすくするなどの機能的な装具と、筋肉の短縮や関節が硬くなるのを予防する夜間につける装具などがあります。
(3)筋肉の緊張を和らげる治療 ・選択的脊髄後根切断術(せきずいこうこんせつだんじゅつ)や髄腔内(ずいくうない)バクロフェン持続投与:どちらも下肢全体の緊張を和らげます。 ・ボツリヌストキシン筋肉注射:特定の筋肉の緊張を和らげます。
(4)整形外科的手術
 短縮した筋肉を延長したり、大腿骨・下腿骨のねじれ、足部の変形を治します。また、重度な子どもの股関節脱臼(こかんせつだっきゅう)や脊柱側弯変形(せきちゅうそくわんへんけい)(背骨が曲ること)も治療します。

脳性麻痺に気づいたらどうする

 神経を専門にする小児科、小児を専門にする整形外科などに受診してください。わからない場合は、肢体不自由施設、小児病院、こども病院などに問い合わせてください。